ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

野田連立内閣が"崩壊へ"
谷垣総裁「すべては民主党のデマゴーグが原因」
野田総理が消費増税法案の閣議決定を強行

2012年03月30日

野田連立内閣が"崩壊へ"<br />谷垣総裁「すべては民主党のデマゴーグが原因」 野田総理が消費増税法案の閣議決定を強行

野田総理が消費増税法案の閣議決定を強行したことで、国民新党は事実上の分裂状態に陥り、政務三役の中には、辞任する動きが出ていることについて、谷垣禎一総裁は、「そもそも、民主党マニフェストの根本的な構造がおかしい。大きな政府を小さな財政でできるというデマゴーグ的な手法に問題があり、そこにけじめをつけていないことに、すべての混乱の原因がある。これを解決するには、解散・総選挙が必要だ。そうすれば、道筋は自ずと見えてくる」と述べ、野田民主党政権の迷走に歯止めをかけるには、早期の解散・総選挙が必要だとの認識をあらためて示しました。

また、野田総理が民主党内をまとめているかとの問いかけに対しては、「相当、根本的な問題があるので、これで民主党が足並みをそろえていくことはできない」と指摘し、野田総理の指導力に対して、疑問符を付きつけました。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ