ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

大島副総裁が野田総理の記者会見を「逃げ」「ごまかし」と批判

2011年11月11日

大島副総裁が野田総理の記者会見を「逃げ」「ごまかし」と批判

大島理森副総裁は、11月11日、野田佳彦総理が、TPP問題に関して記者会見で、「関係各国との協議を開始し、さらなる情報収集、国民的議論を経て国益の観点から結論を得たい」と述べた事について、1日会見を延期して、この様な訳のわからない言い方をした事は、単なる党内のガス抜きとの認識を示した。

併せて、この会見は「逃げ」「ごまかし」と断じ、激しく批判した。

その結果、いっそう野党はもとより国民の不満や怒りが増した事になるとの見解を表した。

今後は、APEC終了後、この会見の趣旨やAPECの内容を質すために本会議・予算委員会のみならず、特別委員会の設置など徹底した議論を求める事となる。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ