ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

復興基本法が成立 企画・立案から実施まで復興庁で一元化へ

2011年06月20日

復興基本法が成立 企画・立案から実施まで復興庁で一元化へ

東日本大震災復興基本法案が20日、参院本会議で可決、成立しました。

同法案は、復興計画の企画・立案から実施に至るまで一元的に行う「復興庁」を設置することが柱。これに加え、法案には、復興再生に関する国の責務の明確化、復興再生以外の予算の徹底的見直しをはじめわが党案が全面的に盛り込まれています。本会議での賛成討論に立った岩城光英参院議員は「法案の成立が、これまでの震災対応の混乱に歯止めをかけ、被災者の生活を一刻も早く再建するための新たなスタートとなるよう努力していく」と述べました。

同法案を巡っては、当初、わが党案と政府案が提出されていましたが、わが党、公明、民主の修正協議の結果、両案を取り下げ、衆院震災復興特別委員長提案の形で提出され、10日衆院を通過していました。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ