ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

お茶の葉から放射性セシウム検出を受け、ヒアリング
野菜・果樹畑作物等対策小委員会

2011年05月17日

お茶の葉から放射性セシウム検出を受け、ヒアリング 野菜・果樹畑作物等対策小委員会

野菜・果樹畑作物等対策小委員会は16日、神奈川県の一部の地域で採取されたお茶の葉から食品衛生上の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたことを受け、緊急で会議を開き、関係省庁と神奈川県、静岡県の生産者団体から現況をヒアリングし、議論した。

団体からは「なぜ原発事故現場から300kmも離れた神奈川県の茶葉から検出されたのかを科学的に解明してほしい」といった意見のほか、被害農家の救済や風評被害対策のPRなどを求める要望があった。

議員からは「今国会で成立したお茶振興法で、生産者などへの財政的な救済措置ができないか」「原発事故の直後から地元では、お茶の風評被害がすでに始まっていた。飲用茶段階の安全性を示すデータも公表するべき」などの意見があった。

宮腰光寛農林部会長は「作物を栽培してよいのか、いけないのかを早く明らかにしなければ、現場の生産者が本当に困ってしまう。政府には全力の対応を望む」と述べた。


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ