ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

谷垣総裁「復旧に向けわが党の力を結集する」 東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部

2011年03月12日

谷垣総裁「復旧に向けわが党の力を結集する」 東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部

党東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部は12日、政府から被害状況などについて説明を受け、対応を協議した。会議の冒頭、今回の災害で亡くなられた方々に対し出席者全員で黙祷を捧げた。

谷垣禎一総裁は「能力の限りを注ぎ、災害復旧のためにわが党の力を結集する」と述べた。宮城選出の愛知治郎参院議員は現地の状況について「情報が遮断されている」と報告した。

会議では佐藤正久参院議員は、人命救助の作業を確保するために、報道機関のヘリコプターによる取材の配慮を求めた。菅原一秀衆院議員は福島第1原発1号機の緊急事態に関し、「(政府は)今を安心させるより、状況を国民にきちんと伝えてもらいたい」と訴えた。

このほか、出席者からは災害対応に関する様々な意見がだされた。谷垣総裁はこうした意見を政府と与野党の間で設置するホットラインを通じて伝えていく考えを示した。


谷垣総裁「復旧に向けわが党の力を結集する」 東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部
谷垣総裁「復旧に向けわが党の力を結集する」 東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ