ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

鳩山「方便」発言を追及 町村、中谷、赤澤各議員 衆院予算委集中審議

2011年02月16日

衆院予算委員会は16日、外交・安全保障をテーマとした集中審議を行った。町村信孝、中谷元両衆院議員は、鳩山由紀夫前総理が米軍普天間基地移設問題で県外移設断念の理由を在沖米海兵隊の抑止力を挙げたのを「方便だった」と発言したことを厳しく追及した。
町村議員が「沖縄県民を愚弄し、日本国民、米国を馬鹿にする言葉だ」と批判したのに続き、中谷議員は「米国と文書で合意した前総理の発言なのか。日米合意の存立を揺るがしかねない」と指摘し、鳩山氏の参考人招致を求めた。菅直人総理は在沖米海兵隊について「わが国、アジア太平洋地域の平和と安定に重要な役割を果たしている」と繰り返し答弁。火消しに躍起になった。
一方で、北澤俊美防衛大臣は「鳩山氏の発言は理解できない。私の人生のなかで1、2を争う衝撃だった」と述べるなど閣内から批判の声があがった。続いて質問した赤澤亮正議員は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加する場合の農業などの国内対策やその財源が明らかになっていないことに関し「国民に知らせず、議論もなく(交渉を)先に進めることは許されない」と指摘した。

鳩山「方便」発言を追及 町村、中谷、赤澤各議員 衆院予算委集中審議
鳩山「方便」発言を追及 町村、中谷、赤澤各議員 衆院予算委集中審議
鳩山「方便」発言を追及 町村、中谷、赤澤各議員 衆院予算委集中審議
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ