ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「地域の隅々まで景気回復の実感を届ける」 安倍晋三総裁 北海道でアベノミクス継続を訴える

平成26年12月5日

「地域の隅々まで景気回復の実感を届ける」 安倍晋三総裁 北海道でアベノミクス継続を訴える

安倍晋三総裁は5日、北海道内を遊説し、わが党への支持を訴えました。
この日、旭川市から滝川市、札幌市へと移動した安倍総裁は各選挙区でわが党候補とともに演説。札幌市中央区の街頭では北海道1区の船橋利実候補と並び立ち、船橋候補を「保育の受け皿を地元で1000人分つくるなど、社会保障に一生懸命取り組んできた」と紹介。「さらに地元で大いに役立ってもらえるよう力を与えてください」と支持を訴えました。
安倍総裁は演説の中で、「北海道には農産物をはじめたくさんすばらしいものがある。(地域の産物の)販路拡大や海外輸出の手伝いを国がしていくことで、景気回復の実感を地域の隅々まで届くようにしたい」と述べ、地方再生に取り組む強い決意を示しました。また、民主党政権時代に比べて雇用改善などを顕著にした政策実績を示し、「この経済の好循環を前に進めていかなければならない。だから、私たちはこの選挙に負けるわけにはいかない」と述べ、経済政策アベノミクスを引き続き強力推進していくことに理解と支持を求めました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ