ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

「アベノミクスの成果が随所に広がり始めた」
各種経済統計・調査結果の発表を受け、小渕優子 本部長がコメント

平成26年5月30日

「アベノミクスの成果が随所に広がり始めた」各種経済統計・調査結果の発表を受け、小渕優子 本部長がコメント

「日本を元気にする国民運動」実施本部の小渕優子本部長は、今週各種の経済統計や調査結果等が発表されたことを受けコメントし、「経済産業省の賃上げ動向調査の中間発表では、大手企業の92%が賃金の引き上げを行い、46%の企業でベースアップが実施された。また経団連によると、中小企業の平均賃上げ率は1.8%と、2年連続で前年の伸び率を上回っている。さらに、有効求人倍率も17カ月連続で回復しているなど、アベノミクスの成果が随所に広がり始めた」と評価しました。
その上で、「経済の好循環を加速させるには、企業や個人に残っているデフレマインドのさらなる改善が必要。一人ひとりの努力やチャレンジが報われる経済環境が醸成されるよう、国民の皆さんと元気で前向きな対話を続け、自民党がしっかりと思いを受け止めていく」と意気込みを語りました。

また、29日に党中小企業調査会が官邸へ申し入れを行ったことに関し、「調査会と元気本部は協力して中小・小規模企業との対話フォーラムを実施している。今回、日々努力を続けておられる事業者、商店街、地域の皆さんの声が、地域経済の活力を引き出す提言として政府に届けられたことは非常に喜ばしい。中小・小規模企業がアベノミクスの流れの中で一層力を発揮できるようサポートを続けたい」と述べ、転嫁拒否対策や経営相談窓口の設置など企業支援策に取り組む政府・自民党の情報発信に、今後さらに力を注いでいく考えを示しました。

 


ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ