ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『震災復興の加速化に全力 現場主義の視点と果敢な政治主導』2782号(平成30年3月20日号)発行のお知らせ

東日本大震災から丸7年を迎えました。発災直後からわが党は「被災地の復興なくして、日本の再生なし」との方針の下、これまでに6次にわたって提言を取りまとめるなど、政府と一体となって被災地の復旧・復興をリードしてまいりました。今号では被災地の復興状況や、激戦となった沖縄県石垣市長選、参院予算委員会の審議の模様などをお届けします。


<1面>
震災復興の加速化に全力 現場主義の視点と果敢な政治主導
石垣市長選 中山義隆氏が激戦を制す
幸共育 堀内詔子・新聞出版局次長

<2面>
平成30年度予算案 参院で審議スタート
予算委員会 わが党6議員が質問
発言録

<3面>
「働き方改革」議論を加速 関係部会合同会議
北朝鮮の政策転換に警戒 国際局勉強会
運動部活動の抜本改革を申し入れ スポーツ立国調査会
「春季インターンシップ」開講 中央政治大学院
中電島根原発を視察 原子力規制に関する特別委員会

<5面>
習近平政権二期目の狙い[第3回] 
遠藤誉・東京福祉大学国際交流センター長
メディア解析 木村英哉・次世代総合研究所代表

<7面>
私の推しメシ 「キング・オブ・ピッツァ」入賞のピザ 上野宏史衆院議員
ドクターKの知って得する健康豆知識
データで見る日本
[連載漫画]「セージの挑戦」

<8面>
ウイークリー自民(3月3日~6日)
【告知】「平成30年 第3期地元議員事務所(秘書)インターンシップ」募集

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ