ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『アベノミクス再加速 公約実現と財政健全化を両立』2772号(平成29年12月26日号)発行のおしらせ

わが党と公明党は12月14日、来年度の与党予算編成大綱と税制改正大綱を取りまとめました。アベノミクスによる経済回復を確実なものとするため、いずれも安倍内閣が掲げる「人づくり革命」と「生産性革命」を強力に後押しする内容となっています。
与党大綱の取りまとめに尽力した岸田文雄政務調査会長は「衆院総選挙の公約を国民に見える形で実現していくために、予算・税制の詰めの作業をさらに行っていく」と述べ、政府の来年度予算案と税制改正案に与党大綱を反映させるために全力を挙げる姿勢を示しました。今号では1面で与党「予算編成大綱」と「税制改正大綱」のポイントを紹介します。

<1面>
アベノミクス再加速 公約実現と財政健全化を両立
平成30年度与党編成大綱・税制改正大綱を決定
幸共育 山田賢司・新聞出版局次長

<2面>
東京五輪見据えテロ対策強化 治安・テロ対策調査会
世界遺産の課題について協議 文部科学部会
「北方領土隣接地域の振興等に関するPT」を設置 北方調査会
発言録
(一部地域は地方版)

<3面>
がんばる日本―町おこし~成功への道~(9)「富山県高岡市」

<4面・5面>
この一年を振り返る

<7面>
世界を震撼させた北朝鮮と今後の展望[第2回] 
平岩俊司・南山大学総合政策学部教授
メディア解析 川上和久 国際医療福祉大学医学部・総合教育センター教授

<8面>
ウイークリー自民(12月8日~14日)
「決断」―防衛庁「省」移行― 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ