ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『選挙区、比例代表とも得票増 第48回衆院総選挙結果調べ』2765号(平成29年11月7日号)発行のおしらせ

このたびの衆院総選挙でわが党は、定数が10議席削減されたにも関わらず、党員・党友一丸となった取り組みが功を奏し、公示前と同じ284議席を獲得しました。あらためてわが党へのご支持・ご支援に感謝申し上げます。今号では、詳細な選挙結果をはじめ、公明党と交わした連立政権合意の全文や川上和久国際医療福祉大学医学部・総合教育センター教授による選挙分析などをお届けします。

<1面> 選挙区、比例代表とも得票増 第48回衆院総選挙結果調べ

<2面>
自公が連立政権に合意 「自由民主党・公明党連立政権合意(全文)」
講演・高等教育費の負担軽減策について
上野通子党教育再生実行本部事務局長・参院議員

<3面>
第48回総選挙分析と検証(上) 「ポピュリズムの失速」 
川上和久 国際医療福祉大学医学部・総合教育センター教授
発言録

<5面>
トランプ政権の課題と今後の展望[第3回] 
村田晃嗣・同志社大学法学部教授
メディア解析 木村英哉・次世代総合研究所代表

<6面>
がんばる日本―町おこし~成功への道~(2) 「山形県鶴岡市」

<7面>
私の推しメシ 「崎陽軒のシウマイ弁当」 渡邉美樹参院議員
暮らしの彩り
データで見る日本

<8面>
ウイークリー自民(10月24日~27日)
「決断」―岸インド外交― 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ