ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『「国難突破解散」で国民に信を問う 安倍晋三総理記者会見』2760号(平成29年10月3日号)発行のおしらせ

安倍晋三総理は9月25日、官邸で記者会見を行い、同28日召集の臨時国会冒頭に衆院を解散する意向を表明しました。このなかで安倍総理は、急速に進む少子高齢化や緊迫化する北朝鮮情勢を「正に国難とも呼ぶべき事態」と強調。「自らが先頭に立って国難に立ち向かっていく。これがトップである私の責任であり、使命だ」として、わが国を取り巻く諸課題の方向性を示し、国民に信を問いたいと力強く訴えました。今号では1面と6面に記者会見(冒頭発言)の全文を掲載し、国難に立ち向かう安倍総理の覚悟を読者の皆さまにお届けします。

<1面>
「国難突破解散」で国民に信を問う 安倍晋三総理記者会見
幸感力 上野通子新聞出版局長

<2・3面>
座談会「知財立国の課題と展望」
  
<5面>
トランプ政権の課題と今後の展望[第1回] 
村田晃嗣・同志社大学法学部教授
メディア解析 日暮高則・アジア問題ジャーナリスト

<6面>
安倍晋三総理記者会見(1面の続き)

<7面>
暮らしの彩り
思わず食べたい 私の推しメシ 八木哲也党愛知県第11選挙区支部長
データで見る日本       

<8面>
ウィークリー自民(9月17日~20日)
新役員

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ