ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『第84回党大会 新たな国づくりに向け結束を』2733号(平成29年3月14日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2733号が8日、発行されます。毎年恒例の「党大会号」として全12ページの特別編成で、全ての党員の皆さんにお届け。盛大に開かれた第84回定期党大会の様子を、余すところなく特集しました。もうすっかりお馴染みになった感がある、党大会前日の行事もしっかりとカバー。皆さんの期待に応え、党機関紙としての責任を果たすため、新聞出版局の総力を挙げて、徹底取材しました。他のメディアでは取り上げていないテーマも含め、さらに詳しく、充実した内容の紙面になっています。1面は安倍晋三総裁による挨拶。「批判ばかりしていても壁を打ち破ることはできない。私たちは結果を出していく」「私にとって再び総裁に就任して以来、5度目の大会。だからこそ初心を忘れてはならないと心に誓っている」など、力強い訴えをまとめました。2面を飾る二階俊博幹事長による党務報告も、昨年は27年ぶりに参院の単独過半数を回復したこともあってか、いつも以上に気迫が籠っている印象で、必見です。3面の目玉は、今年の党大会を最も沸かせたといっても過言ではない、ゲストスピーチ。それもそのはず、大会当日まで公表されておらず、言わば「サプライズ」。女子卓球の福原愛選手をはじめとする3人のメダリストが登壇しただけでも豪華ですが、箱根駅伝で3年連続の優勝を果たした青山学院の原晋監督も登場して座談会がを開催し、大いに盛り上がりました。4面では、党大会前日に党本部で開催された全国幹事長会議と青年部・青年局、女性局合同全国大会の模様をお伝えします。続いて、もはや恒例行事となったと言える「政策セミナー」は5面。今年は、将来の国力を左右するとも言われ、注目を集める第4次産業革命がテーマになりました。茂木敏充政務調査会長による基調講演、有識者を招いてのパネルディスカッション、多言語音声翻訳システムを中心としたAI(人工知能)のデモンストレーションなど、例年以上の充実したラインナップとなっています。動画共有サイト、ニコニコ動画でも生中継されましたが、ご覧になれなかったという方は是非、本紙を手に取っていただければ幸いです。また、6面と7面では、党大会で表彰された優秀党員と団体を一挙掲載。昨年は党員数が4年連続で増加し、8年ぶりに100万人の大台を回復しましたが、さらなる党勢拡大に向けて、わが党は目標の120万人党員の達成に全力を挙げる方針です。8面から10面にかけては、平成29年党運動方針の全文を掲載しました。山口泰明運動方針案起草委員長のコメント(3面)と併せて、ご覧いただければ、さらに理解が深まることでしょう。最終12面は、カラー写真で党大会を振り返る「カメラリポート」です。出席者との記念撮影に笑顔で応じる安倍総裁や党大会前日に開催された「屋台村」において特製のハッピ姿で、熊本ラーメンを参加者に振る舞う二階幹事長など、今年の写真も正に"百花繚乱"となりました。紙面に初お目見えの「自由民主」の新キャラクターにもご注目ください。

<1面>
第84回党大会 新たな国づくりに向け結束を
安倍総裁挨拶(要旨) 緊張感忘れず、謙虚に力強く挑戦
<2面>
二階幹事長党務報告(抜粋) 27年ぶり、参議院単独過半数回復
わが党党員数4年連続で増加
来賓あいさつ
<3面>
ゲストスピーチ 福原愛選手らメダリストがサプライズで登場
箱根3連覇の青学大・原晋監督をコーディネーターに座談会
平成29年運動方針 山口泰明運動方針案起草委員長(組織運動本部長)
モチベーションを高め、組織全体の底上げを図る―報奨制度創設―
<4面>
全国幹事長会議 平成28年党員数 100万人の大台突破
青年部・青年局、女性局合同全国大会 青年・女性党員のさらなる結束を
青年部・青年局活動方針(骨子)
女性局活動方針(骨子)
総裁公選規程改正要綱
党則改正要綱
<5面>
政策セミナー 地域の未来を拓く第4次産業革命
茂木敏充政務調査会長 基調講演(要旨)
<6―7面>
党勢拡大に尽力 優秀党員と団体顕彰 優秀党員402人、優秀党組織84支部
友好団体149団体、協力者59人
<8―10面>
平成29年党運動方針 日本の未来を切り拓く~「一億総活躍」による新しい国づくりへ~
<12面>
カメラリポート 第84回党大会 日本の未来を切り拓く
党大会前日

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ