ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『自然と農山村を守る狩猟のつどい』2729号(平成29年2月14日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2799号が7日、発行されます。2月に入りましたが、インフルエンザの患者数が1月23日からの1週間で、今季初めて警報レベルの1医療機関当たり30人を超えたそうです(厚生労働省発表)。専門家によると、患者数は今後も増加する見通しで、近年で見ても比較的大きな流行になる可能性があるとのこと。くれぐれも健康には留意され、手洗いやマスク等で予防にお努めください。さて、健康にもよさそうなイノシシの冷しゃぶを前に、二階俊博幹事長が登場するのが、本号の最終8面を鮮やかに彩る「Weekly Jimin」。党本部で開催された「自然と農山村を守る狩猟のつどい」を伝える写真で、「野生鳥獣の肉・ジビエを食べて中山間地を守ろう」という思いが込められています。今週もバラエティーに富んだ写真が揃っていますが、その中でも一際目を惹くのは間違いありません。オープニングセレモニーでは、野生鳥獣の剥製に囲まれる中で、二階幹事長が「鳥獣被害対策にも力を入れ、結果を出していく」と、力強くマイクを握りました。また2面では、党クールジャパン戦略推進特命委員会の模様をお伝えします。現在公開中の話題の映画、「この世界の片隅に」のプロデューサーの真木太郎氏から「アニメ・映画産業の展望」についてヒアリングを行いました。ミニシアターを中心とした独立系作品ながら観客動員数は110万人を超える異例のヒットとなった同作品。映画をご覧になった方もそうでない方も、関心があるのでは。成功の鍵を握ったのは、インターネットを通じて資金面での支援者を募る「クラウドファンディング」のようです。真木氏は「何のためにお金を集めてどう使うか。細かくはっきりさせることが大切」と説明しました。詳細は本紙をご覧ください。また、3面では、党IT戦略特命委員会が開催した「ペーパーレス会議100回記念報告会」を取り上げました。会議の際に配布される「紙の山」とも言える大量の資料。経費削減はもとより、環境問題を考えると、どうしても気になるところです。そこで、同委員会は平井たくや委員長の強いリーダーシップの下で、平成26年10月からペーパーレス会議をスタートし、これまでに100回を超える会合を重ねました。注目の結果は、紙資料の枚数を約75万枚も減らし、約900万円のコスト削減を達成。十分に期待に応える成果を挙げたと言えるでしょう。この動きを、官民の協力によって、日本中に広げていきたいというのが平井委員長の考え。興味を持たれた方は必見です。

<1面>
衆院予算委員会
幸感力 中西哲参院議員
<2面>
「子供食堂」支援で、食育推進を 食育調査会
真木太郎氏からヒアリング クールジャパン戦略推進特命委員会
参院予算委員会
<3面>
ペーパーレスでコストを削減 IT戦略特命委員会
科研費改革について議論 文部科学部会
北方領土・竹島・尖閣諸島「固有の領土」と明記 領土に関する特命委員会
1月の選挙結果
<4面>
ふるさと紹介(20) 福井県
ITよもやま話
<5面>
健康いい話
座右の銘 中谷真一・衆院議員
暮らしの彩り
<7面>
教育再生が目指す日本の姿(第1回) 八木秀次・麗澤大学教授
メディア解析 川上和久・国際医療福祉大学教授
<8面>
Weekly Jimin(1月27日~2月3日)
決断(第23回) 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ