ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『予算編成大綱策定 政調全体会議 経済構造改革を推進』2724号(平成28年12月20・27日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2724号が13日、発行されます。はやいもので、今年の最終号となりました。皆さんにとって、今年はどんな年だったでしょうか。本号では4面と5面を使い、この1年を写真で振り返ります。安倍晋三総裁(総理)が「築城三年落城一日」との戒めの言葉を紹介した1月4日の新年仕事始めで幕を開け、3月には盛大に開催された党大会、5月には伊勢志摩サミットとオバマ米大統領の歴史的な広島訪問、7月にはわが党が勝利した参院選、8月では第3次安倍第2次改造内閣の発足はもちろん、リオ五輪・パラリンピックでの感動も忘れられません。さらに、10月には、わが党が大差で勝利した衆院2補選、11月には世界の首脳に先駆けて行われた安倍総理とドナルド・トランプ次期米大統領との会談――等々、ざっと振り返っただけでも、様々な出来事があった1年と再認識できることでしょう。続いて、本号の1面を飾るのは、年末の定番とも言える予算編成です。茂木敏充政務調査会長も「いよいよ政党にとって最も大切な予算の時期を迎えた」と力を込める中、政務調査会の全体会議で最終的な調整が行われ、連立政権のパートナー、公明党とともに取りまとめた平成29年度の予算編成大綱を解説します。「経済再生なくして財政健全化なし」を基本に、厳しい財政状況を踏まえて歳出改革を着実に進めながら、メリハリを効かせて、優先課題に予算を重点配分するなど、「成長と分配の好循環」や一億総活躍の関連施策を中心とした8項目で構成。各項目についてポイントをまとめました。わが党は「個人、企業、社会全体を動かす、力強く、メッセージ性のある予算編成」(茂木政調会長)を目指し、全力を傾注する決意です。来たるべき29年も、明るい一年とするために。

<1面>
予算編成大綱策定 政調全体会議 経済構造改革を推進
経済再生なくして財政健全化なし
税制改正大綱決定
幸感力 渡邉美樹参院議員
<2面>
党首討論
世界主要国のテロの定義を分析 治安・テロ対策調査会
対北朝鮮独自制裁強化措置を了承 関係部会合同会議
支援機関からヒアリング 経営力強化小委員会、事業承継小委員会合同
<3面>
ふるさと紹介(16) 長野県
ITよもやま話
第14回 国際政治・外交論文コンテスト募集
<4―5面>
2016「困難な課題克服し、明るい未来の日本を」
<7面>
さまよう超大国・新大統領が目指すアメリカ(第2回) 簑原俊洋・神戸大学教授
メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<8面>
座右の銘 工藤彰三・衆院議員
健康いい話
暮らしの彩り
決断(第19回) 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ