ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『人工知能で医療・介護の先進国を 人工知能未来社会経済戦略本部』2721号(平成28年11月29日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2721号が22日、発行されます。世界的に高い注目を集め、将来の国力を左右するとも言われている人工知能(AI)が1面。産業振興はもちろん、国民生活や社会全体に大きな波及効果が期待されていますが、その進歩は今年になって目覚ましいものがあります。例えば碁の世界では長らく、人間は人工知能に負けることはないと言われてきましたが、囲碁の人工知能「アルファ碁」が世界トップレベルのプロ棋士に4勝1敗で勝ち越し、全世界に驚きをあたえました。欧米が多額の研究開発費を投入するなど、世界レベルでの競争も激化する中、成長戦略として、その活用を推進すべく設置されたのが、わが党の人工知能未来社会経済戦略本部。安倍晋三総裁の直属機関となっていることからも、いかに重要で今後の重点課題に位置付けているかをお分かりいただけることでしょう。成長し続ける人工知能の技術を、わが国が直面する構造的課題、急激な高齢化の克服につなげることはできないか。これが先日開催された、人工知能未来社会経済戦略本部の議題となりました。東大など4つの大学病院の電子カルテの中から似た症例を提示して診療を補助する「類似症例高速症例検索システム」など、健康・医療・介護分野におけるAIの可能性について有識者から説明を受けたほか、厚生労働省の担当者からも補正予算や来年度予算案概算要求に盛り込まれているAI関連の項目などを中心に現状の報告を受け、出席議員との間で熱心な質疑応答が交わされました。一般の人には馴染みのない高度な医療の話がされましたから、その内容を完全に理解するのは容易いことではありませんが、目指しているのは国民生活の安全・安心を守ることに他なりません。わが党で連日展開されているリアルな政策論議の一端を感じていただければ幸いです。

<1面>
人工知能で医療・介護の先進国を 人工知能未来社会経済戦略本部
膨大な情報をビッグデータ化し急激な高齢化社会に対応
幸感力 宮川典子衆院議員
<2面>
地域に根差した特色ある人材育成などについてヒアリング 教育再生実行本部
「ポケモンGO」事故防止に罰則強化を 交通安全対策特委など合同会議
2020年に向けて早急に法整備を 治安・テロ対策調査会
大学スポーツ発展による地域活性化を スポーツビジネス小委員会
<3面>
ジェラルド・カーティス氏招き講演会 国際局
成長産業へ資金供給 経済構造改革に関する特命委員会
第14回 国際政治・外交論文コンテスト募集
<4面>
ふるさと紹介⑭ 神奈川県
ITよもやま話 田中亨・実践ワークシート協会代表理事
<5面>
座右の銘 田畑裕明・衆院議員
健康いい話
暮らしの彩り
<7面>
新たなステージに入った北朝鮮危機(第3回) 平岩俊司・関西学院大学国際学部教授
メディア解析 簑原俊洋・神戸大学教授
<8面>
Weekly Jimin(11月12日~17日)
決断(第16回) 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ