ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『成長と分配の好循環を 一億総活躍推進本部が会合』2717号(平成28年11月1日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2717号が25日、発行されます。本号の1面は、衆院2補選と党一億総活躍推進本部会合の2本だてとなりました。まず衆院補選は、わが党と民進党が新体制になってから初めての国政選挙と言うこともあり、大きな注目を集めましたが、どちらもわが党が大差で勝利をおさめることになりました。東京10区で勝利の花束を掲げて満面の笑みを浮かべる若狭勝氏、福岡6区で万歳三唱の歓声が響き渡る中で支持者に深々と一礼する鳩山二郎氏――。両補選のポイントなどとともに、お伝えします。一方、一億総活躍社会の実現は、言わずと知れた、安倍政権の最重要課題。党一億総活躍推進本部では参院選後の党役員人事により、新たに川崎二郎衆院議員が本部長に就任しました。新体制になって初めての会合では、これまでの「おさらい」の意味も込めて、6月に閣議決定した中長期の工程表「ニッポン一億総活躍プラン」が議題となり、その進捗状況について関係省庁から説明を受けました。誰もが活躍できる社会をつくることは意義のあることですが、現実的には課題が多そうです。果たして、具体的にはどのように進んでいるのか。気になる方は、本紙1面をご覧ください。また、いつもバラエティーに富んだ写真が並び、目を楽しませてくれると好評の「Weekly Jimin」(8面)。本号では、女子レスリングの伊調馨選手への国民栄誉賞授与の写真などが紙面を華やかに飾っています。オリンピック競技大会史上初めて、女子個人種目4連覇を達成した伊調選手の偉業は誰もが認めるところ。和服姿も艶やかな伊調選手と安倍晋三総理のツーショットは正に社会に明るい希望を与えることでしょう。

<1面>
成長と分配の好循環を 一億総活躍推進本部が会合
衆院2補選、わが党が大差で勝利
幸感力 穴見陽一衆院議員
<2面>
「経済好循環の新展開」でヒアリング 経済構造改革特命委
入党者5200人 二階俊博幹事長に報告
「青少年健全育成基本法案」の早期成立を 党青少年健全育成推進調査会
<3面>
政府の外交交渉を全力で支援 北方領土問題
田野瀬氏からヒアリング 教育再生実行本部・提言検証特別部会
「学校給食で魚食に親しみ、消費拡大を」 水産部会・水産総合調査会合同会議
機関紙「自由民主」アンケート
<5面>
新局面を迎えた北方領土問題(第3回) 東郷和彦・京都産業大学世界問題研究所所長
メディア解析 葉上太郎・地方自治ジャーナリスト
<6面>
ふるさと紹介⑩ 群馬県
<7面>
食べて健康に(第12回) ジャガイモ
座右の銘 小松裕・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(10月17日~21日)
決断(第12回) 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ