ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『「開かれた参院」に向けて全力 橋本聖子参院議員会長に聞く』2712号(平成28年9月20日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2712号が13日、発行されます。女性として初めて、わが党の参院議員会長に就任した、橋本聖子参院議員会長のインタビューが1面。女性活躍の推進を最重要課題の一つに掲げる安倍自民党において、女性ならではの視点を盛り込んだ政策を立案するため、その手腕に寄せられる内外からの期待は高まる一方です。「議員一人ひとりの力を最大限に引き出すことが私の役割であり、それが参院の独自性につながる」と力を込める橋本会長。わが党の参院は27年ぶりに単独過半数を果たし、新しいリーダーの下で、新たなスタートを切りましたが、橋本会長の決意が随所で感じられるインタビューになっています。もちろん閉会中であっても、わが党は責任政党として、精力的に活動しています。その詳細は2面と3面をご覧ください。農林水産業骨太方針策定PTの会合で小泉進次郎委員長が農政改革に全力で取り組む考えを示せば、雇用問題調査会は安倍晋三総理が参院選後の会見で「最大のチャレンジ」と重視した働き方改革などに関して厚生労働省から説明を受けました。また、予期せぬ災害や出来事にもスピーディーかつ適切に対応することも、わが党の"真骨頂"と言えるでしょう。今夏の一連の台風被害を受けて北海道や岩手に視察団を迅速に派遣しました。北朝鮮のミサイル発射についても対策本部で関係省庁から説明を受け、本部長である二階俊博幹事長が「断じて許される行為ではない」と厳しく非難しています。さらに、最終8面では、日・ロ首脳会談、日・中首脳会談、日・ラオス共同記者会見など安倍総理の歴訪をまとめました。本号もバラエティーに富んだ紙面構成でお届けします。

<1面>
「開かれた参院」に向けて全力
橋本聖子参院議員会長に聞く
創生 山下貴司衆院議員
<2面>
農業者の所得増で、成長産業へ 農林水産業骨太方針策定PT
厚労白書の説明受ける 厚労部会・雇用問調合同
相次ぐ北朝鮮のミサイル発射 北朝鮮実験・ミサイル問題対策本部
インターンシップの学生と懇談する二階幹事長
<3面>
北海道・岩手県に党調査団を派遣 台風被害受け
役員人事(8月30日、9月6日)
<5面>
東・南シナ海問題と日本の対応(第2回) 山田吉彦・東海大学海洋学部教授
メディア解析 川上和久・国際医療福祉大学教授
<6面>
ふるさと紹介(5) 山形県
<7面>
食べて健康に(第7回) パプリカ
座右の銘 菅家一郎・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(安倍総理 歴訪)
決断(第7回) 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ