ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『東京都知事選ラストスパート 増田候補勝利に向け全力』2706号(平成28年8月2日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2706号が26日、発行されます。最終版を迎えている東京都知事選が1面。わが党が推薦する増田ひろや候補も激戦を制するべく、ラストスパートに入りました。その様子を詳しくお伝えしますので、都民の方も、そうでない方も、首都決戦に関心のある方は是非、ご注目ください。20日に東京・目黒区で開かれた個人演説会には、党本部から茂木敏充選挙対策委員長も応援に駆け付け、「東京が直面する様々な難しい問題をしっかりと解決する行政能力を持ち、具体策を示しているのは増田候補だけだ」と訴えました。同じく1面には、増田候補が訴える政策「3つの実現」も掲載。これらをご覧いただければ、増田候補の魅力が再確認できることでしょう。続いて2面と3面では、安倍晋三総理が参院選の結果を受けて指示し、政府で策定作業が急ピッチで進んでいる、新たな「経済対策」を取り上げました。党内の各政策機関は連日のように、担当分野について政府から説明を聴取し、経済対策に盛り込む施策について熱の籠った議論を重ねていますが、その中から、いくつかをピックアップ。インフラ投資をはじめ、教育や年金から、中小企業、リニア鉄道にいたるまで、次代の日本の飛躍には欠かせない政策メニューのオンパレードとなりました。また、7面では新企画、「食べて健康に」がスタートします。その名の通り、食材と健康がテーマで、1回目は夏バテしないためにも食べたいゴーヤについて解説。ゴーヤはビタミンCがレモンの2.7倍で、野菜の中では2番目に多いそうで、沖縄の長寿を支えているとの声も。その他、ゴーヤについて耳よりな情報をお伝えします。なお、同じ7面には、これも"食"に関係するコンテスト、「お米で世界を驚かそう!コメ・米粉レシピコンテスト」の募集告知も載っていますので、こちらの方にも、ふるってご応募ください。さらに、新企画と言えば、8面の「決断」もそうです。評論家の髙橋雄二氏によるシリーズで、最初のテーマとして日中国交正常化を取り上げました。参院選と東京都知事選があった7月を締めくくるに相応しく、本号も充実した紙面構成となっています。

<1面>
東京都知事選ラストスパート 増田候補勝利に向け全力
増田ひろやさん3つの実現
創生 新聞出版局次長・小田原潔衆院議員
<2面>
経済成長に資するインフラ投資が不可欠 国土強靱化総合調査会
年金の受給資格期間を短縮 厚生労働部会
学校施設の耐震化・老朽化対策などを推進 文部科学部会
「外国人旅行者急増による出入国管理体制整備を」 法務部会
<3面>
中小企業の資金繰りを支援 経済産業部会
21世紀型のインフラ整備 国土交通部会
「今年は輸出対策元年」 農林水産戦略調査会・農林部会合同会議
「総理の強いリーダーシップでリニア計画前倒し」 超電導リニア鉄道に関する特別
委員会
<5面>
第24回参院選検証(下) 川上和久・国際医療福祉大学教授総合教育センター長
メディア解析 長山靖生・評論家
<7面>
食べて健康に(第1回) ゴーヤ
コメ・米粉のレシピ大募集!
<8面>
今週の出来事
座右の銘 赤枝恒雄・衆院議員
決断(第1回) 髙橋雄二・評論家

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ