ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『―比例代表候補― この道を。力強く、前へ。 「誇りある日本」を取り戻す』2703号(平成28年7月12日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2703号が5日、発行されます。参院選も残り1週間を切りました。「前進」か「後退」か。その答えは、改めて考えるまでもないことでしょう。投開票前に発行する最終号となる本号は、もちろん参院選特集号として全12ページでお届けします。まず1ページと12ページは、力強い表情でアベノミクスのエンジンをフル回転させる決意の安倍晋三総理(総裁)とともに、わが党の選挙区と比例代表の候補者全員を一挙、カラー掲載しました。わが党が政権奪還後に歩み、その成果は誰の目にも明らかな、この道をそのまま前に進むため、全員の当選を目指します。続く2面では、安倍総理の演説のポイントをまとめました。アベノミクス、地方創生、一億総活躍社会、安全保障の4つを中心に、わかりやすく解説。これをご覧いただければ、誰もが「無責任な民進党と共産党に任すことはできない」との思いを再確認されるのは間違いありません。4ページから5ページにかけては、この参院選期間中も全国各地での応援演説で大活躍の小泉進次郎党農林部会長が登場。安倍総裁との特別対談が実現しました。18歳選挙をはじめ、気になるテーマについて、両者の考え方をコンパクトに整理しています。そして、6面と7面を飾るのは、本号の目玉企画、毎回、選挙時に好評を頂戴している「選挙区ルポ」です。今回は、選挙戦の帰趨を占うとされる一人区の中から三重、奈良、岡山、大分の各県の新人候補者の議席奪還に向けた熱い戦いをお伝えします。機関紙の4名の記者が、それぞれ現地に足を運び、総力で取り組んだ成果をご覧ください。候補者の訴えや人柄はもちろん、選挙情勢や陣営の動きなどを徹底取材し、読み応え十分の充実した内容となっています。さらに9面から11面にかけては、「なかなか比例代表で投票する候補者を決められない」という方のお役にたてばと、わが党公認の比例代表のポスターを全て掲載しました。正に、党機関紙だからこそ実現した企画と言えるでしょう。暑い日が続いていますが、くれぐれも体調管理には注意され、わが国の将来にとって貴重な一票を投じていただくことを願っております。

<1面>
―比例代表候補―
この道を。力強く、前へ。
「誇りある日本」を取り戻す
<2面>
政治を安定させアベノミクスを加速
街頭演説4つの政策ポイント
<4面>
特別対談 安倍晋三・小泉進次郎
国民の皆さんと共に、この道を、力強く、前へ進んで行きます。
<5面>
特別対談 安倍晋三・小泉進次郎(4面の続き)
6月の選挙結果
佐藤綾子の「トップリーダーの表現術」―人を動かす話し方―(11)
<6―7面>
参院選選挙区ルポ 勝利目指し、新人候補全力
山本さちこ候補(三重県選挙区) 「女性活躍は三重から」
さとうけい候補(奈良県選挙区) 「若さと行政経験で地方を元気に」
小野田きみ候補(岡山県選挙区) 「未来のための、わたしの本気」
こしょうはるとも候補(大分県選挙区) 「5つの日本一」を目指す
<9―11面>
第24回参院選比例代表公認候補者 "必勝"ポスター
<12面>
―選挙区候補―
全員当選へ総力結集!!

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ