ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『茂木敏充選挙対策委員長に聞く 参院選 挙党体制で臨み勝利を 国民からの大きな期待に応える』2689号(平成28年3月15日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2689号が8日、発行されます。本号はいつもよりも4ページ増やし、全12ページとなりました。質量ともに通常号よりもグレードアップしたラインナップですが、それもそのはず本号は、今週末に東京・新高輪プリンスホテルで開かれる自民党大会で、参加者全員に資料として配布される紙面でもあります。党大会に参加される方も、そうでない方も、是非とも手に取り、理解を深めていただきたい内容になっていると言えるでしょう。その代表格が、1面から2面にかけてお伝えする茂木敏充選挙対策委員長のインタビューです。一億総活躍社会の実現をはじめ、様々な政策課題への取り組みを本格化するため、夏の参院選は"絶対に負けられない戦い"。この国の舵取りを担う資格があるのは「自民党と公明党による安定政権」なのか「民共合作の理念なき野党候補」なのか――。その答えは誰の目にも明らかで、敢えて申し上げる必要もありません。選挙実務の責任者である茂木委員長のコメントは、全てが注目に値します。また、安倍晋三総理(総裁)と茂木委員長の下、全国の選挙区で戦う、わが党候補者は6面から7面にかけて、カラーで掲載しました。これだけコンパクトにまとめた、わが党の候補者一覧はなかなか存在せず、これだけでも、本号をご覧いただく意味は十分にあると自負しています。わが国を再び、世界の中心で輝く国にするため、山積する内外の課題の解決に全力を傾注する。そのために選挙戦に臨むのが、わが党候補者に課せられた使命です。多士済々の顔ぶれと、揺るぎ無い決意をご覧ください。

<1面>
茂木敏充選挙対策委員長に聞く 参院選 挙党体制で臨み勝利を
国民からの大きな期待に応える
創生 新聞出版局次長・宮川典子衆院議員
<2面>
(1面からつづく)理念なき「野党統一候補」にわが国を委ねるわけにはいかない
原子力の安全に貢献する組織へ 原子力規制に関するPT
第3次食育推進基本計画案を了承 食育調査会・内閣部会合同会議
<3面>
「復興・創生期間」復興基本方針案を了承 東日本大震災復興加速化本部総会
同一労働同一賃金問題を議論 一億総活躍推進本部、検証PT合同が有識者ヒア
リング
現行憲法 不磨の大典化「一度リセットする必要がある」瀧井氏 歴史を学び未来
を考える本部
参院選「圧勝」目指し、結成60年定期大会 茨城県支部連合会
<4面>
28年度予算案 参院審議始まる
テレワークで生産性向上を 推進特命委がヒアリング
2月の選挙結果
運動と健康(40)
<6―7面>
全党一致で必勝態勢構築へ 平成28年参院選候補者一覧
<8面>
私の政策 中西さとし 党高知県参議院比例区第81支部長
<9面>
私の政策 とくしげ雅之 党東京都参議院比例区第54支部長
<11面>
混迷深める中国の内政・外交(第2回) 遠藤誉・東京福祉大学国際交流センター

メディア解析 中井孔人・日本大学大学院新聞学研究科講師
<12面>
今週の出来事
座右の銘 福岡資麿・参院議員
風雪素描(第56回) 小枝義人・政治学者

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ