ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『「竹島の日」問題解決への決意新たに 山口組織運動本部長「オールジャパンで竹 島を取り戻す」 国際司法裁判所に提訴を』2688号(平成28年3月8日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2688号が1日、発行されます。わが国と韓国の間に長らく燻ぶっている竹島が1面を飾りました。今年で韓国に不法占拠されてから63年目になります。条例で「竹島の日」とされている2月22日に合わせて開かれる記念式典も、今回で11回目。わが党からは山口泰明組織運動本部長をはじめとして、衆参あわせて10人の国会議員が出席しました。「すべての皆さんと手を携え、オールジャパンで竹島を取り戻す。その先頭にわが党は立ち、全力で取り組むことを誓う」――山口本部長の揺るぎない決意をお伝えします。続く2面では、政府が検討している中央省庁の地方移転を取り上げました。「明治維新以来の大改革」と言っても過言ではないでしょう。これをバックアップするため、地方創生実行統合本部は政府への提言をまとめました。既に安倍晋三総理にも手渡された提言とは、どのような内容なのか。鳩山夫本部長の「100年後の日本は『地方が強いから、この国は強い』と評価されるようにしたい」との思いが結実した提言となっています。また、7面では中国をテーマにした新連載がスタートします。中国問題の権威で第一人者、お馴染みの遠藤誉東京福祉大学国際交流センター長による4回シリーズです。中国は果たして、北朝鮮の暴走を食い止めることができるのか。1回目は、世界が注目している、その舞台裏に迫りました。

<1面>
「竹島の日」問題解決への決意新たに 山口組織運動本部長「オールジャパンで竹
島を取り戻す」 国際司法裁判所に提訴を
創生 新聞出版局次長・前田一男衆院議員
<2面>
政府関係機関の地方移転を促進 地方創生実行統合本部が提言
テレワークの普及に向け検討 テレワーク推進特命委員会
「デジタル時代の著作権」を議論 コンテンツに関する小委員会
<3面>
世界のスポーツ施設の現状についてヒアリング 党スポーツ立国調査会・スポーツ
ビジネス小委員会
ISS滞在が千日超、日本は有人宇宙開発大国
第24回参院選 選挙対策本部 新たに1人公認
運動と健康(39)
<4面>
私の政策 大江康弘 党和歌山県参議院比例区第23支部長
<5面>
私の政策 あぜもと将吾 党東京都参議院比例区第28支部長
<7面>
混迷深める中国の内政・外交(第1回) 遠藤誉・東京福祉大学国際交流センター

メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<8面>
今週の出来事
座右の銘 江島潔・参院議員
風雪素描(第55回) 小枝義人・政治学者

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ