ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『谷垣幹事長「地方創生で地域を元気に」を訴える 安倍内閣の重要政策課題を聞く』2684号(平成28年2月9日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2684号が2日、発行されます。本号はカラーの1面と8面を使い、衆参両院の本会議で行われた代表質問の模様をお伝えします。1面を飾るのは、やはり谷垣禎一幹事長。新「3本の矢」の実現を求めたほか、財政健全化の重要性も指摘した質問をまとめました。中でも、主な質問項目を箇条書きで10点挙げましたから、これをご覧いただければ、安倍政権が全力を傾注する政策課題のポイントが、よく理解していただけることでしょう。続いて8面は、参院で質問に立った溝手顕正参院議員会長、髙階恵美子参院議員、渡辺猛之参院議員の3議員。このうち、溝手参院議員会長は世界経済の不透明感、TPP、税制改正、一億総活躍社会などについて、安倍晋三総理の決意に迫りました。また、6面では新シリーズ、「真のスポーツ大国を目指して」が始まります。2020年の東京五輪・パラリンピックはもちろん、五郎丸選手の人気で盛り上がるラグビーのワールドカップ等、スポーツのビッグイベントが目白押しの中、わが国が目指すべきスポーツ大国とは。お馴染みのスポーツジャーナリスト、二宮清純氏による4回の連載とともに、その答えを探すのは如何でしょうか。今年も1か月が経過し、2月に入りました。最近は東京都心でも雪が降るなど、本格的な冬の到来を感じるようになりましたが、冬の寒さが厳しければ厳しいほど、春になった時の有難みが身に沁みるというもの。わが党も、山積する課題や難局を乗り越えた先にある"世界の中心で輝く日本"の実現へ。その取り組みを緩めることはありません。

<1面>
谷垣幹事長「地方創生で地域を元気に」を訴える
安倍内閣の重要政策課題を聞く
創生 新聞出版局次長・小田原潔衆院議員
<2面>
「中長期的対応が必要」 東日本大震災復興加速化本部総会
温室効果ガス排出削減へ 環境関係合同会議
「地域住民の安心・安全の確保に万全を」豪雪対策に関する緊急決議 災害対策・
豪雪対策特別委合同
<3面>
「企業主導型」の保育サービス拡大へ 内閣部会、厚生労働部会、人口減少社会
対策特別委員会合同
産業競争力強化の「報告」と「実行計画」了承 政調全体・日本経済再生本部合同
新有権者 転居後3カ月以内の投票を可能に 改正公選法が成立
新会長に斉藤氏が就任 前国会議員会
<5面>
運動と健康(35)
座右の銘 若林健太・参院議員
<6面>
真のスポーツ大国を目指して(第1回) 二宮清純・スポーツジャーナリスト
メディア解析 木村英哉・次世代総合研究所代表
<7面>
私の政策 園田修光 党鹿児島県参議院比例区第31支部長
<8面>
世界の中心で輝くために 参院党代表質問
地方財源の安定化 骨太な税制改正を 溝手顕正参院議員会長
女性活躍推進 女性の健康特性に着目した対策を 髙階恵美子参院議員
中小・小規模企業の挑戦に後押しを 渡辺猛之参院議員
風雪素描(第51回) 小枝義人・政治学者

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ