ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『宜野湾市長選「宜野湾がいちばん!」 佐喜真アツシ候補の勝利に全力』2682号(平成28年1月26日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2682号が19日、発行されます。1面では、宜野湾市長選を取り上げました。17日に告示されましたが、わが党は現職で再選を目指す佐喜真アツシ候補を推薦し、7日間の選挙戦に臨んでいます。夏には参院選を控える今年、1億総活躍社会の実現など、安倍政権が様々な課題を前に進めるためにも、絶対に負けられない戦い。気迫のこもった訴えを続ける佐喜真候補に是非、ご期待ください。同じく1面では、党新聞出版局役員によるコラム、「創生」も注目です。前号からスタートし、早くも大きな反響がありました。今回は新聞出版局で局長代理を務める宮下一郎衆院議員が執筆を担当。「地方創生につながる企業経営のモデル」と題し、地元である長野県伊那市の企業の取組みを紹介しています。また、1億総活躍社会や地方創生と同じように、東日本大震災からの復興加速は安倍政権の最重要課題であり、さらにスピードアップしなければなりません。それには欠かせないのが、福島県内の除染で発生した除去土壌等を一時保管する中間貯蔵施設の整備です。福島県出身であり、故郷福島への思いは誰にも負けない、森まさこ部会長を先頭に、被災地の復興に全力を挙げる党環境部会の様子は2面をご覧ください。最後に1週間の安倍自民党の動きを写真で振り返る「Weekly Jimin」は本号もバラエティーに富む内容となりました。福島県伊達市から特産の干し柿「あんぽ柿」を贈られ笑顔の安倍晋三総理、自民党本部で行われた日本鳶工業連合会による恒例の「木遣り」等々、なかなか見ることのできない貴重な1枚をお届けします。

<1面>
宜野湾市長選「宜野湾がいちばん!」 佐喜真アツシ候補の勝利に全力
27年度補正予算審議
創生・新聞出版局長代理 宮下一郎衆院議員
<2面>
第24回参院選 選挙対策本部 新たに1人公認
日本政府として厳しい対応を 北朝鮮による拉致問題対策本部
中間貯蔵施設でヒアリング 環境部会
27年度補正予算案衆院通過
<3面>
北東アジアの現状と展望(第3回) 古森義久・麗澤大学特別教授
メディア解析 葉上太郎・地方自治ジャーナリスト
<5面>
運動と健康(34)
座右の銘 磯﨑仁彦・参院議員
<7面>
私の政策 足立敏之 党東京都参議院比例区第80支部長
<8面>
Weekly Jimin(1月8日―14日)
風雪素描(第49回) 小枝義人・政治学者

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ