ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『平和安全法制の早期成立を 佐藤正久党国防部会長に聞く』2658号(平成27年7月14日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2658号が7日、発行されます。現在の最大の関心事となっている平和安全法制を1面で徹底解説しました。国の根幹に係わる重大なテーマとあって、わが党の党員・党友、本紙読者の皆さんには正しく理解してもらうべく、「ヒゲの隊長」こと佐藤正久党国防部会長が、国会審議における論点をわかりやすく解説しています。皆さんは以下の点について、曖昧なところはないでしょうか。①限定的な集団的自衛権行使は憲法違反に当たらない②ホルムズ海峡の機雷掃海は可能③自衛隊のリスクを論じるのは極めてナンセンス④徴兵制の導入はあり得ない⑤「木を見て森を見ない」野党――の5点です。これらの点について、「よく分からないな」と感じておられる方は是非、本紙をご覧ください。95日間の国会の会期延長で、じっくりと時間をかけて議論することの意義を、必ず御理解いただけることでしょう。続いて、6面では、同じく国民の生命や財産を守るために欠かせない自然災害への備えに焦点を当てた連載がスタートします。今年は阪神・淡路大震災の発生から20年と言うこともあって安倍晋三総理は神戸市を訪問し、「あの時の貴重な体験を、しっかりと生かす」と力を込めました。我々も首都直下地震など、想定される未曾有の災害に対処するため是が非でもおさえておきたい河田惠昭関西大学社会安全研究センター長が語る注目の新シリーズ。初回は「過度の東京一極集中の弊害」がテーマです。

<1面>
平和安全法制の早期成立を 佐藤正久党国防部会長に聞く
国会審議における主な論点
<2面>
(1面の続き)徴兵制の導入はあり得ない
職人が減少する状況打開 マイスター特命委が関係団体ヒアリング
国会の動き
<3面>
学校教育の混乱防止を 文部科学部会が提言取りまとめ
性的虐待の対策を議論 女性の権利保護PTがヒアリング
障害のある学生の修学支援で有識者ヒアリング 特別支援教育部会
群馬県知事選 大沢正明氏3選
<5面>
運動と健康(13)
座右の銘 高橋克法・参院議員
切れ目のない「平和安全法制」に関するQ&A(7)
<6面>
来るべき「国難」に備えて(第1回) 河田惠昭・関西大学社会安全研究センター長
メディア解析 簑原俊洋・神戸大学教授
<7面>
私の政策 熊谷大党宮城県参議院選挙区第2支部長
<8面>
Weekly Jimin(6月26日―7月2日)
風雪素描(第31回) 小枝義人・政治学者

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ