ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」『党女性活躍推進本部が提言 社会全体で女性活躍のルール浸透』2655号(平成27年6月23日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2655号が16日、発行されます。夏から本格化する来年度予算の編成に向けて、党内に設置されている多くの政策機関は政府に対する「提言」の策定作業に精力的に取り組んでいますが、本号の1面では、その一つ、党女性活躍推進本部による提言を特集しました。女性活躍推進と言えば、わが党が政権に復帰してから、安倍晋三総理が最重要課題に掲げてきたなかの代表格と言っても過言ではないでしょう。女性の労働参加が男性と同じ水準になれば、国内総生産(GDP)は16%増えるとの試算もありますから、成長戦略の柱の一つとして、女性の潜在的な力をさらに活用することが求められています。そこで、安倍政権は平成32年までにあらゆる分野において、役員や管理職などの指導的地位にある女性の比率を30%程度にするとの目標を掲げました。「実現はたやすいことではない」といった声も聞かれましたが、既に女性の就業者を94万人も増加させるなど、目に見える成果を挙げつつあります。しかし、まだまだ道半ば。この動きをより一層加速させなければならないことは勿論のことですが、さらに国際貢献や権利保護など、新たな視点も盛り込まれました。女性だけでなく男性にとっても理想の社会をつくるのが、党女性活躍推進本部による今回の提言です。

<1面>
党女性活躍推進本部が提言 社会全体で女性活躍のルール浸透
女性の指導的地位 比率を30%に
<2面>
好循環実現と規制改革 日本経済再生本部委員会が提言
論点整理案を提示 成年年齢特命委員会
「サイバーセキュリティー人材の育成」について有識者ヒアリング 文部科学部会
国民の暮らし守る法案 成立相次ぐ
<3面>
秋葉賢也党外交部会長(報告)
中東訪問 さらなる協力関係の強化を確認
<5面>
運動と健康(10)
座右の銘 田中英之・衆院議員
切れ目のない「平和安全法制」に関するQ&A(4)
<6面>
教育再生による日本再生(第2回) 八木秀次・麗澤大学教授
メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<7面>
私の政策 阿達雅志党東京都参議院比例区第67支部長
<8面>
Weekly Jimin(6月6日―11日)
風雪素描(第28回) 小枝義人・政治学者

機関紙「自由民主」購読のお申し込みはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ