ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『公職選挙法等改正案 逢沢一郎党選挙制度調査会会長に聞く』2646号(平成27年4月14日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2646号が7日、発行されます。1面では、逢沢一郎党選挙制度調査会長のインタビューを企画しました。今国会に再提出された「公職選挙法等改正案」がテーマ。選挙権年齢を18歳に引き下げる内容で、実現すれば、なんと70年ぶりの改正となる、大きな法案です。「日本の政治を深化、成長させていく大きなエネルギーにしたい」と力を込める逢沢会長の思いを感じてください。さて、新年度を迎え、町ではフレッシュマンの姿をよく見かけるようになりましたが、「自由民主」も2つの新シリーズが満を持してスタートします。1つは、7面で始まる「私の政策」。来年の参院選候補者が、順番に登場し、読者の皆さんに直接、政策や政治信条を訴えかけます。そのトップバッターを務めるのは、党新聞出版局長でもある片山さつき参院議員です。「まじめに働く普通のサラリーマンや自営業の方が報われ、正直者が馬鹿をみない日本にすること」をライフワークとする片山議員。テレビなどのメディアで、すっかりお馴染みの片山議員ですが、参院選を前にした今だからこそ、もっともっと、その魅力に触れていただきたいと思います。必ず、片山議員の新たな1面を知ることができるでしょう。もう1つの新企画は、5面の「運動と健康」。タイトルの通り、われわれの毎日に欠かすことのできない"健康"をテーマにしており、「自由民主」では異色のシリーズと言えるのかもしれません。最初に取り上げるのは、新たな国民病として注目を集める 「ロコモ」です。進行すると介護が必要になるリスクが高まるとさえ言われていますが、ご存知でしょうか。本紙読者の皆さんには是非、ご覧いただき、適切な対応を取っていただければ幸いです。

<1面>
公職選挙法等改正案 逢沢一郎党選挙制度調査会会長に聞く
18歳選挙権 若者の政治参加拡大を
<2面>
参院予算委集中審議
供給事業者からヒアリング 原子力政策・需給問題等調査会
政治参加教育に関する勉強会 文部科学部会
<3面>
「第5次提言」策定に向け議論スタート 東日本大震災復興加速化本部
特区の活用で規制緩和を推進 政調全体会議が改正案を了承
セキュリティ人材を育成 IT戦略特命委員会
高村副総裁訪米 カーター国防長官と会談
<5面>
運動と健康(1)
座右の銘 牧原秀樹・衆院議員
<6面>
習近平政権は何を狙っているのか?(最終回) 遠藤誉・東京福祉大学国際交流
センター長
メディア解析 長山靖生・評論家
<7面>
私の政策 片山さつき党東京都参議院比例区第25支部長
<8面>
Weekly Jimin(3月27日―4月2日)
風雪素描(第20回) 小枝義人・政治学者

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ