ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『衆院予算委始まる』2640号(平成27年3月3日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2640号が24日、発行されます。
谷垣禎一幹事長が登壇した衆院代表質問は2面で取り上げました。
力のこもった質問のポイントをコンパクトにまとめました。
主なテーマは、
(1)ISILによる邦人殺害事件を受けての国内外のテロ対策
(2)東日本大震災からの復興加速
(3)アベノミクスの効果を全国の津々浦々にまで届けることによる景気回復
(4)政権の最重要課題である地方創生と女性の活躍促進
(5)経済再生と財政再建の両立
(6)持続可能な社会保障制度の確立
(7)「改革断行国会」における医療・雇用・農業・エネルギーなどの規制改革
(8)戦後70年の節目――の8つ。
「われわれも国民の負託に応えられるよう頑張る」と訴えて、質問を締めくくった谷垣幹事長を先頭に、
わが党は全力を傾注する覚悟です。
また、同じく2面でお伝えする参院代表質問も目が離せません。
溝手顕正参院議員会長と岩城光英参院議員副会長が質問に立ちました。
溝手会長は労働改革に対し「国民の間に誤解や不安が多くあり、丁寧な説明が必要」と指摘し、
岩城副会長は「住民に身近な行政である市、町、村が元気を出すことが、日本の活力につながる」として、地方創生の重要性を強調しています。
なお、労働改革については、3面で党内の議論(雇用問題調査会)の様子を掲載していますから、
併せてご覧いただければ、一層、理解が深まることでしょう。

<1面>
衆院予算委始まる
内外状況克服する大改革
<2面>
衆院代表質問 
谷垣禎一幹事長 改革実現に向け、丁寧な説明を
参院代表質問 
溝手顕正参院議員会長 貫いてきた平和主義、具体例を世界に
岩城光英参院議員副会長 市町村の元気 日本の活力につながる
<3面>
原子力防災体制の提言を策定 原子力規制に関するPT
豪雪対策で緊急決議を申し入れ 豪雪対策特別委員会
「高度プロフェッショナル制度」を議論 雇用問題調査会
官民連携事業を推進 PFI調査会
<5面>
解説 政治キーワード 地方への移住促進
<6面>
防災・命の道をめざす(中) 米田雅子・慶應義塾大学特任教授
メディア解析 川上和久・明治学院大学教授
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(38)
座右の銘 池田佳隆・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(2月14日―20日)
風雪素描(第15回) 小枝義人・政治学者

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ