ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『平成27年度予算まとめる 過去最大の当初予算96兆円』2634号(平成27年1月20日号)発行のおしらせ発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2634号が14日、発行されます。本号は、この日に閣議決定予定の平成27年度予算案の特集に3ページを割きました。そこまで大きく取り上げる理由は、この予算がアベノミクスの効果、景気回復の暖かい風を都市部だけにとどまらせておくのではなく、全国各地、日本列島の津々浦々にまで届けるために不可欠な予算であるから。これによって、経済の好循環を実現することなくして、わが国を世界の中心で輝く国とすることはできないからに他なりません。その証拠に、自民党本部では、総選挙勝利の余韻に浸ることなく、また、年末年始の挨拶まわりもほどほどにして、連日のように繰り広げられた議論は日を追うごとにヒートアップしました。そうして編成された予算は、総額で96兆3400億円規模。当初予算としては過去最大の水準となりました。正に、わが党の「英知の結晶」と言えるでしょう。その一方、財政再建も避けて通れない課題となっていることも忘れてはなりません。ただ闇雲に、貴重な予算を使うことは断じて許されません。国民の皆さんから寄せられた期待に応えるため、高い政策効果が期待されるような、真に必要なポイントに予算を重点配分、集中的に投下していることも大きな特徴です。本紙では、省庁別に主な予算の項目をコンパクトにまとめました。本当に、そのような予算の内容になっているか。是非、ご覧いただき、ご判断いただきたいと思います。

<1面>
平成27年度予算まとめる 過去最大の当初予算96兆円
経済産業 地域経済活性化、中小企業支援に全力
厚生労働 子育て支援、医療・介護を充実
<2面>
農林水産、文部科学、内閣、沖縄振興、環境、法務
<3面>
国土交通、震災復興、外交、国防、総務
党人事
<5面>
解説 政治キーワード 海上保安体制の強化
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(32)
座右の銘 石井正弘・参院議員
<8面>
Weekly Jimin(1月5日―8日)
風雪素描(第9回) 小枝義人・政治学者

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ