ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『サンゴ密漁はわが国主権の侵害だ 総力を挙げて厳正対処を』2628号(平成26年11月25日号)発行のおしらせ発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2628号が18日、発行されます。衆院の解散風が吹いていますが、政権与党であるわが党は、そのような状況下でも、わが国を取り巻く様々な課題の解決に全力を挙げる責任があることは言うまでもありません。中国漁船によるサンゴの密漁もその一つ。連日のニュース報道を見る度に、憤りの念を禁じ得ない方も少なくないのでは。これは日本の主権に対する侵害であり、厳正に対処しなければなりません。本号の1面では、これをテーマにした党内の2会合、水産部会と宇宙・海洋開発特別委員会の取り組みを取り上げました。次に、「選挙」と言えば「マニフェスト」と言うことで、2面では先週末に六本木ヒルズで開催された、「第9回マニフェスト大賞」(マニフェスト大賞実行委員会主催)の模様をお伝えします。選挙の際に公約したことは実行されて当然ですが、前々回の総選挙で、民主党がマニフェストを信じて投票した多くの皆さんの信頼を裏切ったことは記憶に新しいところ。なお、今回のマニフェスト大賞では、わが党の地方組織が「グランプリ」を受賞しました。マニフェストの大半を既に実行していることが受賞理由です。最新のわが党マニフェストについても、発表され次第、機関紙「自由民主」に掲載しますので、ご期待ください。

<1面>
サンゴ密漁はわが国主権の侵害だ
総力を挙げて厳正対処を
<2面>
「学校と地域一体となって子供たちを育む」 教育再生実行本部・チーム学校部会
感染症予防医療法改正案が成立
遺骨収集推進法案を了承 戦没者遺骨帰還に関する特命委員会など合同会議
横浜市支連・横浜市議団 マニフェスト大賞 グランプリを初受賞
<4面>
がんばる日本~町おこし 成功への道~(番外編)
<5面>
解説 政治キーワード 過労死等防止対策推進法
<6面>
自然災害から身を守る(第3回) 山本孝二・元気象庁長官
メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(30)
座右の銘 堀内詔子・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(11月9日―12日)
風雪素描(第7回) 小枝義人・政治学者

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ