ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『衆院予算委員会 本格論戦スタート』2622号(平成26年10月14日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2622号が7日、発行されます。本号では、注目を集める二つの新シリーズがスタートします。一つ目は6面でお伝えする「感染症対策」。70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱への不安が高まっていることから緊急に企画しました。ウイルスへの対策は、皆さんも十分にお考えのことと思いますが、実態を正しく知らなければ、本当に効果的な対策は取れるはずもありません。感染症研究の第一人者、国立感染症研究所の高崎智彦室長による解説は毎回が必見の内容になることでしょう。もう一つの新企画は8面の「風雪素描」。戦後の高度経済成長を築き、わが国の平和と安全を守ってきた、後世に名を残す政治家にクローズアップします。初回は岸信介元総理が登場。長い永田町の取材歴も持つ政治学者、小枝義人氏が、知られざる横顔に迫ります。また、当然のことですが、安倍自民党の最新情報についても決して抜かりはありません。第2次安倍改造内閣の重要課題と言えば、真っ先に挙がるのが、地方創生と女性の活躍促進の二つ。これに対する党内の動きは3面で取り上げました。このうち、地方創生実行統合本部の2回目の会合では5月に人口減少に関する衝撃のレポートを発表した、元岩手県知事の増田寛也氏の講演を聞きました。一方、記念すべき初会合となった女性活躍推進本部は、有村治子女性活躍担当大臣も出席する中、上川陽子本部長が「日本が大きく変わったと言われるような活動を展開していく」と抱負を述べ、華々しくスタートを切っています。秋の夜長は、盛りだくさんな内容の「自由民主」でお過ごしください。

<1面>
衆院予算委員会 本格論戦スタート
<2面>
安倍総理所信表明
代表質問 
谷垣禎一幹事長 魅力ある地方創生方策を
伊達忠一参院幹事長 「地方の特色に応じた戦略を」
野村哲郎参院議員 御嶽山「監視強化と農作物対策を」
<3面>
「全ての女性が輝く社会の実現に向けて」 女性活躍推進本部が初会合
地方の人口減少問題について議論 地方創生実行統合本部
子供の元気!農山漁村で育むプロジェクト 農山漁村体験学習視察
9月の選挙結果
<5面>
党新役員(9月30日、10月3日)
<6面>
感染症対策(第1回) 高崎智彦・国立感染症研究所ウイルス第一部第2室室長
メディア解析 葉上太郎・地方自治ジャーナリスト
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(24)
座右の銘 鬼木誠・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(9月29日―10月1日)
風雪素描(第1回) 小枝義人・政治学者

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ