ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『衆院予算委集中審議 「外交・安全保障政策」』2612号(平成26年7月29日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2612号が23日、発行されます。本号も集団的自衛権を中心とした内容でお届けします。1面だけではなく8面も充て、質量ともに充実した解説となっていますから、この問題について、よく理解している方も、そうでない方もご覧いただければ必ずご満足いただけることでしょう。7月14日、15日の両日に衆参両院の予算委員会で行われた「外交・安全保障政策」に関する集中審議を取り上げました。テレビなどの中継をご覧になり、既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、わが党からは衆院で高村正彦副総裁が、参院で佐藤正久議員と島尻安伊子議員が、それぞれ質問に立った質疑のポイントをコンパクトにまとめましたので、時間がなくて全てを視聴できなかったという方には特にお薦め。質疑の中で、安倍晋三総理は「国民の命と平和な暮らしを守ることこそ私たちの責務だ」と力を込めました。今では大多数の皆さんに支持されている自衛隊や日米安全保障条約も当初からそうだったわけではありません。「自由民主」は揺るぎない信念の下、この必要性を訴え、理解を求めて行きます。

<1面>
衆院予算委集中審議 「外交・安全保障政策」
<2面>
被災地の復興と自立に全力を 東日本大震災復興加速化本部
土石流の長野・南木曽町を視察 災害対策特別委員会
半島振興特委が有識者ヒアリング
<3面>
Weekly Jimin(7月15日―18日)
<5面>
がんばる日本~町おこし 成功への道~(20)
<6面>
今、北朝鮮で何が!(第3回) 武貞秀士・拓殖大学大学院特任教授
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(14)
座右の銘 三宅伸吾・参院議員
<8面>
参院予算委集中審議 集団的自衛権と外交安全保障

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ