ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『「ローカル・アベノミクス」を提言 地域経済の好循環実現へ』2607号(平成26年6月24日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2607号が17日、発行されます。日本経済を覆っていた暗く重い空気を、「三本の矢」の一体的な推進によって一変させたアベノミクス。その成果は、今さら申し上げる必要もないくらいですが、第2次安倍政権は現状に満足することなく、さらに効果的な政策を打ち出すため、特に重要な「矢」である成長戦略の改訂を進めています。これに反映させるべく、わが党の中小企業・小規模事業者政策調査会は地域経済にターゲットをあてた政策提言を取りまとめました。その名も「ローカル・アベノミクス」。伊藤達也会長が安倍晋三総理に直にポイントを説明し、その実現に取り組む決意を共有しました。一体、どのような内容なのか。1面で企画したインタビューをご覧ください。また、成長戦略の改訂に向けた議論は、わが党の日本経済再生本部や政務調査会でも始まっています。それに盛り込む施策がテーマとなる今年最初の合同会議も開催され、早朝から会場が一杯になるくらいに多くの議員が詰めかけました(2面掲載)。これから来年度予算の編成に向けて、政府与党間の議論はさらにヒートアップすることが予想されます。本紙では随時、その模様をお伝えしていきます。

<1面>
「ローカル・アベノミクス」を提言 地域経済の好循環実現へ
伊藤達也党中小企業・小規模事業者政策調査会長インタビュー
<2面>
党首討論 安倍総理、集団的自衛権で首尾一貫
骨太方針、成長戦略にわが党案を反映 政務調査会・日本経済再生本部合同
航空ビジネスを次の基幹産業へ 航空産業小委員会の提言案を了承
<3面>
「業界育成と低炭素設備普及へ」環境部会PTの提言を了承
農協・農業委員会などの改革の推進 農林大臣に要請
新しい滋賀県を創り上げる 小鑓隆史氏を推薦 滋賀県知事選
長野県知事選は阿部守一氏
<5面>
がんばる日本「世界に誇るMade In Japan」(16)
<6面>
教育再生!実行の時(第2回) 八木秀次・麗澤大学教授
メディア解析 木村英哉・次世代総合研究所代表
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(9)
座右の銘 東郷哲也・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(6月9日―14日)
発言録:高村正彦副総裁、石破茂幹事長、脇雅史参院幹事長、齋藤健党農林部会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ