ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『国民の生命と財産を守る安保法制の整備を』2604号(平成26年6月3日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2604号が27日、発行されます。本号の注目は、何と言っても1面で特集した集団的自衛権。安倍晋三総理の私的諮問機関、安保法制懇が行使容認を盛り込んだ報告書を提出し、安倍総理は記者会見を行いました。その模様は多くの方がご覧になったかと思いますが、ポイントを他のメディアよりも詳しく、充実した内容で解説します。さらに、これを受けて石破茂幹事長も「必要な法整備の作業は全体として進める」との考えを示したほか、公明党との与党協議会による議論もスタートするなど、各所でスピーディーな動きを見せる安倍政権。本紙をご覧いただき、理解を深めていただければ幸いです。続いて、2面では成長戦略をめぐる最新の動きを取り上げました。早いもので、安倍総理がアベノミクスの3本目の矢となる成長戦略(日本再興戦略)を発表してから、来月で1年が経過します。その間、日本経済が確実に力強さを取り戻していることは明らかですが、まだまだ道半ば。さらなる成長に万全を期さなければなりません。そこで政府が間もなくアップデートする成長戦略に反映させるため、わが党は急ピッチで政府に対する"提言"の策定作業を進めています。その議論を2面でまとめました。

<1面>
国民の生命と財産を守る安保法制の整備を 安倍総理「限定的な集団的自衛権の
行使について研究」
<2面>
「日本再興戦略」改訂へ提言策定 政務調査会・日本経済再生本部合同会議
八重山教科書採択問題 文部科学部会
祝日「山の日」法案成立 「8月11日」平成28年から
<3面>
国会法改正案を了承 インテリジェンス・秘密保全等検討PT
法的側面の支援で国際競争力強化へ 民事・国際戦略小委員会
「政策プレゼンコンテスト」報告 全国青年部長・青年局長合同会議
関係県議会と原発の課題で意見交換 資源・エネルギー戦略調査会
<5面>
がんばる日本「世界に誇るMade In Japan」(14)
<6面>
「日米同盟の絆」(第3回) 川上高司・拓殖大学海外事情研究所所長
メディア解析 葉上太郎・地方自治ジャーナリスト
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(6)
座右の銘 神山佐市・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(5月17日―23日)
発言録:高村正彦副総裁、石破茂幹事長、脇雅史参院幹事長、中谷元農林水産戦略調査会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ