ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『鹿児島2区補選 安倍総裁、金子候補を応援』2600号(平成26年4月29日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2600号が22日、発行されます。本号の1面は"衆院鹿児島2区補選"と"今後のエネルギー政策のあり方"の2本柱でお届けします。まず、衆院鹿児島2区補選は、衆参の「ねじれ」が解消されて初の国政選挙として、その行方が全国的な注目を集めていますが、安倍晋三総裁が遂に現地入りした様子を詳しくお伝えします。これは現職総理としては初めてとなる奄美大島の訪問にもなりましたが、アベノミクスによる経済の好循環実現が目前に迫る中、その動きを失速させるわけにはいきません。必勝に万全を期する、わが党の決意を感じていただければ幸いです。一方、エネルギー政策ですが、このほど閣議決定した第4次エネルギー基本計画について、わが党の資源・エネルギー戦略調査会の山本拓会長にインタビューをお願いしました。エネルギー基本計画とは、国の中長期的なエネルギー政策の方向性を示すもので、今回は東日本大震災の発生後、初めての改定ということもあり、これまで以上に高い関心が寄せられる中での策定となりました。様々な要因が複雑に絡み合う中、責任ある政策をいかに打ち出していくのか。わが党は実に1カ月以上もの時間を費やし、あらゆる角度から専門的な議論を積み重ねてきました。その中心的な役割を果たした、山本会長の言葉は必見です。

<1面>
鹿児島2区補選 安倍総裁、金子候補を応援
エネルギー基本計画 党資源・エネルギー戦略調査会・山本拓会長に聞く
<2面>
(1面からつづく)党資源・エネルギー戦略調査会・山本拓会長に聞く
憲法改正草案のポイント 岐阜で憲法改正研修会
<3面>
安保勉強会がスタート 国防部会・安全保障調査会合同会議
水産業に外国人材の活用を 水産基本政策小委員会
国立大学長選考基準の明確化など図る 文部科学部会
武見国際局長代理が講演 永田会
<5面>
がんばる日本「世界に誇るMade In Japan」(12)
<6面>
「孤立するロシア」(第3回) 茂田宏・元外務省国際情報局長
メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<7面>
佐藤綾子のパフォーマンス学講座(2)
座右の銘 穴見陽一・衆院議員
<8面>
Weekly Jimin(4月12日―15日)
発言録:石破茂幹事長、細田博之幹事長代行、高市早苗政務調査会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ