ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『高市早苗政務調査会長に聞く 補正予算成立・当面の政策課題』2591号(平成26年2月25日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2591号が18日、発行されます。本号の1面から2面にかけてお届けするのは、高市早苗政務調査会長のインタビューです。わが党初の女性政調会長として、就任以来、内外の注目を集めてきた高市政調会長は、女性の社会における活躍を促す安倍政権の象徴と言っても過言ではありません。本紙1面のインタビューをお願いするのも、これで3回目。過去2回とも高市政調会長のビジョンがストレートに語られており、好評をいただいておりますが、今回のテーマは「アベノミクス」の成果を日本列島の隅々まで届けつつ、さらに日本経済を持続的な成長軌道に乗せるために、政務調査会はどのように取り組むか――。今国会に提出予定の成長戦略関連法案のポイント、政府が近く決定するエネルギー基本計画のあるべき姿等にも話しは及び、充実した内容のロングインタビューになっています。続いて、5面でもインタビューを企画しました。特定秘密保護法について、佐藤正久党国防部会長代理に聞きました。新聞出版局長も務める佐藤部会長代理が、読者向けに法律の目的や内容、国民生活への影響等について、分かりやすく解説していますから、同法に残念ながら誤解をされており、不安を感じている方々には是非とも、ご覧いただきたい内容になっています。

<1面>
高市早苗政務調査会長に聞く 補正予算成立・当面の政策課題
競争力強化へ成長戦略を推進
<2面>
(1面から続く)高市早苗政務調査会長に聞く 企業立地の優位性確保
衆院予算委、わが党議員質問
注目される日本食 観光立国調査会
<3面>
廃炉作業体制を構築 東日本大震災関係合同会議
「山の日」を祝日、8月11日に 内閣部会
慰安婦企画展に批判相次ぐ 党外交関係合同会議
<5面>
特定秘密保護法とは 佐藤正久国防部会長代理に聞く
<6面>
超広域・複合災害に備える(2) 飯塚敦・神戸大学都市安全研究センター教授
メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<7面>
がんばる日本~町おこし 成功への道~【10】
<8面>
Weekly Jimin(2月8日―14日)
発言録:高村正彦副総裁、石破茂幹事長、高市早苗政務調査会長、佐藤ゆかり内閣部会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ