ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『原子力規制委を機能強化 塩崎恭久党PT座長に聞く』2583号(平成25年12月10日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2583号が3日、発行されます。日本版NSC法の成立や特定秘密保護法案の衆院通過など、師走を迎えて国会の動きも慌ただしさを増す中、本号の目玉として、1面から2面の途中にかけてお伝えするのは、塩崎恭久党原子力規制に関するPT(=プロジェクトチーム)座長のインタビューです。同PTが近く策定する「原子力規制委員会を強化する提言」のポイントを聞きました。なぜ、これが重要なのかと言うと、(1)これから本格化する来年度予算の編成に反映させるべく、取りまとめられたということ(2)様々な意見が飛び交っている、原発の是非や将来の電力供給の問題を考える上でも、決して避けて通ることのできないテーマであること――の2点です。更に詳しく説明すると、原子力規制委員会とは、自民党案をベースに昨年9月、原子力規制を新たに担当するために誕生した機関ですが、不幸なことに、当時は民主党政権。おかしな人事などもあって、スタートにつまずき、各方面から厳しい批判や苦情、組織の改善を求める指摘が寄せられています。現在も日本国内には原発が数多く存在するのですから、これらを適正にコントロールするだけの能力が原子力規制委員会に求められるのは誰の目にも明らかでしょう。これから寒い冬に入り、電力需給の逼迫も予想されるからこそ、おさえておきたいロングインタビューになっています。

<1面>
原子力規制委を機能強化 塩崎恭久党PT座長に聞く
予算編成に向け「提言」
<2面>
(1面の続き)
塩崎恭久PT座長に聞く 原発をコントロール 人材強化で安全確保
日本版NSC法成立 「4大臣会合」を中核に
特定秘密保護法案が衆院通過
<3面>
復興特別法人税は一任に 税調小委員会
即時撤回の要求を決議 中国防空識別圏で外交・国防合同部会
女性パワーで日本を元気に 全国女性議員政策研究会
<5面>
「子供の健全育成」で意見交換 青少年健全育成推進調査会
11月の選挙結果
<6面>
超大国の苦悩と今後の将来展望(第1回) 簑原俊洋・神戸大学教授
メディア解析 小枝義人・千葉科学大学教授
<7面>
がんばる日本
~町おこし 成功への道~(7)
<8面>
Weekly Jimin(11月23日―28日)
発言録:石破茂幹事長、脇雅史参院幹事長、松野博一女性活力特別委員長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ