ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『第185臨時国会開会 佐藤勉国会対策委員長に聞く』2576号(平成25年10月22日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2576号が16日、発行されます。衆参両院の「ねじれ」解消後、初めての本格論戦の場となる第185臨時国会がいよいよ幕を開けました。1面では、わが党の国会運営を取り仕切る、佐藤勉国会対策委員長への独占インタビューをお届けします。アベノミクスを推進するための法案や福島第一原発の汚染水対策など、53日間の短い会期ながら重要課題山積の今国会。強い日本を復活させるため、「丁寧な審議、決められる政治を進めて行きたい」「被災地復興は与野党を超えて取り組んでいかなければならない」といった佐藤国対委員長の基本スタンスは、わが党の党員・党友や支持者等、全員が共有すべき物と言え、見逃せない内容となっています。また、3面では役員改選に伴い、続々と決定する新たな党役員人事の最新情報を掲載しました。わが党はテーマごとに部会や調査会、特別委員会などの政策機関を設置していますが、そのトップにどのような顔ぶれが就くのかは課題の迅速な解決にとって重要な意味を持ちます。正に"適材適所"で就任する、わが党の役員人事に御期待ください。

<1面>
第185臨時国会開会
佐藤勉国会対策委員長に聞く
<2面>
特定秘密保護法案を了承 30年越えの秘密規定は内閣の承認に修正
事前防災・減災に取り組む 国土強靭化総合調査会
福島の再生で国が前面に 原発事故被害者生活支援・事故収束委
<3面>
党新役員
<5面>
目指せ!"観光立国ニッポン"(2) 溝畑宏・京都大学経営管理大学院特命教授
メディア解析 葉上太郎・地方自治ジャーナリスト
<7面>
がんばる日本「世界に誇るMade In Japan」(2)
<8面>
Weekly Jimin(10月7日―10月9日)
総理外交―インドネシア、ブルネイ―
発言録:高村正彦副総裁、脇雅史参院幹事長、中谷元農林水産戦略調査会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ