ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『党一丸で日本再生に総力 党主要役員再任』2573号(平成25年10月1日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2573号が25日、発行されます。トップ記事として1面を飾るのは、今月末の任期満了に伴う、党執行部人事について。安倍晋三総裁の誕生から約1年、副総裁や党4役などの主要役員は、政権奪還を果たした総選挙にはじまり、アベノミクスによる経済の再生、衆参「ねじれ」を解消した参院選、2020年東京オリンピックの招致実現――等々、安倍自民党の中枢として活躍してきました。勿論、主要役員は再任し、引き続き「日本を取り戻す」戦いに挑む安倍総理を支えるべく、辣腕を振るうことになりました。再任決定後に行われた共同記者会見の模様を中心に、各役員の2期目にかけるスタンスをお伝えします。また、3面で取り上げた東シナ海の現状についての特集も必見です。日中両国の排他的経済水域(EEZ)と大陸棚の境界が画定していない東シナ海で、中国が「海洋強国」を目指し、暴走している事実を御存知でしょうか。党東シナ海資源開発PTの原田義昭座長が「法と正義に基づいた解決」を目指す日本の基本姿勢を分かりやすく解説しています。さらに、7面では新シリーズ、「がんばる日本~町おこし 成功への道~」がスタートします。その名の通り、日本全国津々浦々で、それぞれの魅力を生かし、活性化に向けて頑張っている地域の活動を紹介する企画です。そのトップバッターとして登場するのは、新潟県長岡市にある「摂田屋」という町。すごく風情のある町ですが、果たして、どのような取り組みを進め、どのような成果を挙げているのか。日本の再発見につながる新企画にも御期待ください。


<1面>
党一丸で日本再生に総力 党主要役員再任
"成長戦略実行国会"に向けた体制
<2面>
第3次提言、政府に提出へ 東日本大震災復興加速化本部
第3次障害者計画を議論 障害者特委・内閣部会合同
「原子力規制委の機能強化を」 原子力規制PT
野田毅税調会長が講演 日本自由主義会議
<3面>
法と正義に基づいて解決を 原田義昭党東シナ海資源開発PT座長に聞く
一方的開発は条約違反
<5面>
日本国憲法改正草案Q&A(3) 
<6面>
安全・安心、暮らしやすさを実感できる社会に(3) 山本孝二・元気象庁長官
メディア解析 中井孔人・日本大学大学院新聞学研究科講師
<7面>
がんばる日本~町おこし 成功への道~(1)
NPO法人「醸造の町摂田屋 町おこしの会」新潟県長岡市摂田屋
<8面>
Weekly Jimin(9月16日―19日)
発言録:石破茂幹事長、脇雅史参院幹事長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ