ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『東電福島第一原発汚染水問題 山本拓党資源・エネルギー戦略調査会長インタビ ュー』2572号(平成25年9月24日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2572号が18日、発行されます。目玉になるのは、東電福島第一原発汚染水問題について党資源・エネルギー戦略調査会の山本拓会長へのインタビューで、1面から2面にかけてお届けします。2020年の東京オリンピックの開催が決まり、今後世界から大きな注目を集めるであろう、汚染水の問題を解決するため、どのように安倍政権は取り組もうとしているのか。日々専門的な検討を重ねている山本会長がポイントを分かりやすく解説していますから、この問題に詳しい人もそうでない人も、きっとご満足いただけることでしょう。次に3面は、下にあるタイトル一覧を見ても明らかなように、国際色豊かなラインナップとなりました。中でも注目は、わが党の青年局長を務める小泉進次郎議員を団長とする青年局の約100人が行った台湾訪問。自らも野球の経験がある小泉進次郎議員が台湾プロ野球の始球式に臨み、東日本大震災の際に台湾から贈られた最大規模の義援金に感謝の気持ちを伝えると、スタンドからは大きな歓声が沸き起こったとのことです。日本と台湾の関係深化に一役かった小泉進次郎議員の活躍にも要注目です。

<1面>
東電福島第一原発汚染水問題 山本拓党資源・エネルギー戦略調査会長インタビ
ュー
解決へ4項目の「決議」策定
<2面>
石破幹事長ら党執行部を再任
税制改正の共通認識を 党税調小委員会
選挙制度を抜本改革へ 参院・与野党9会派が協議
<3面>
日台の関係深化と震災募金に感謝 青年局台湾訪問
児童虐待防止の実情を視察 女性局「ハッピーオレンジ運動」で米国訪問
モンゴル首相が講演 戦略的パートナ―シップの強化に向けて
シリア情勢、情報収集に全力 外交部会
<5面>
安全・安心、暮らしやすさを実感できる社会に(2) 山本孝二・元気象庁長官
メディア解析 伊藤達美・政治評論家
<6―7面>
日本国憲法改正草案Q&A(2) 主権国家としての日本の姿を提示
<8面>
Weekly Jimin(9月5日―12日)
発言録:高村正彦副総裁、石破茂幹事長、脇雅史参院幹事長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ