ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『参院選 わが党の政策発表 豊かさの「実感を、その手に。」 わが党政策のポイント』 2562号(平成25年7月2日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2562号が25日、発行されます。「準国政選挙」と位置付け、挙党態勢で臨んだ東京都議選で、わが党は4年ぶりに都議会の第一党を奪還しました。さらに、公認候補の全員当選という立党以来の歴史的勝利に沸く投開票日の様子を8面でお伝えします。しかし、わが党にはこれに浮かれている暇はありません。今回の都議選で示された高い期待に応えるためにも、次なる戦い、来月に迫った参院選に勝利し、衆参「ねじれ」の解消による政治の安定を実現することで、日本再生への動きを加速させなればなりません。そのために、わが党は参院選公約を発表しました。1面で公約のポイントを、2面から5面にかけては全文を掲載。「日本を、取り戻す」ために戦い続ける自民党に、引き続き御期待ください。


<1面>
参院選 わが党の政策発表
豊かさの「実感を、その手に。」
わが党政策のポイント
<2―5面>
わが党政策
「まず、復興を加速します。」
「さあ、経済を取り戻そう。」
<6面>
提言・日本を取り巻く外交・安全保障 拓殖大学海外事情研究所所長・教授・川上
高司
メディア解析 評論家・伊藤達美
<7面>
参院選―私の主張―
大野泰正(党岐阜県参議院選挙区第3支部長)
吉川ゆうみ(党三重県参議院選挙区第1支部長)
<8面>
わが党59人全員が当選
石破幹事長会見(要旨)
Weekly Jimin(6月17日―23日)

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ