ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 「日本人の手で憲法をつくる 憲法改正推進本部」 2545号(平成25年2月26日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2545号が19日、発行されます。1面では、安倍晋三総理が自民党の「結党の目的」とさえ言う、憲法改正を取り上げました。なぜ憲法改正が必要なのか、自民党による新憲法のポイントは、今後の取り組みの方向性は――等々について、分かりやすくお伝えします。次に、4面と5面では「竹島」の問題を特集しました。これまでの歴史的経緯を振り返りながら、問題の本質を整理し、解決に全力を挙げる安倍自民党のスタンスを解説します。また、本号では「参院選 支援の友好団体」(3面)と「朴槿恵が直面する国際情勢」の2つの新企画もスタート。参院選に向けて、更に充実した内容でお届けする「自由民主」にご期待ください。

<1面>
わが党「改正草案」の浸透を 憲法改正推進本部
日本人の手で憲法つくる 党一丸で憲法改正取り組む
<2面>
補正予算案 衆院を通過
間伐や林道整備への補助不可欠 林業関係合同会議
参院選の公認12人を追加決定
党新役員 情報調査局、組織運動本部、政務調査会
<3面>
参院選 支援の友好団体
日本郷友連盟
<4-5面>
2月22日は竹島の日
毅然とした姿勢でわが領土を守る
<6面>
朴槿恵が直面する国際情勢(1) 静岡県立大学教授・伊豆見元
メディア解析 千葉科学大学教授・小枝義人
<7面>
参院選―私の主張―
米坂知昭(党千葉県参議院比例区第36支部長)
高野光二郎(党高知県参議院選挙区第1支部長)
<8面>
Weekly Jimin(2月11日―2月15日)
発言録:高村正彦副総裁、石破茂幹事長、佐藤勉国対委員長代理、三原朝彦国際協力調査会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ