ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『政権公約「日本を、取り戻す。」 「安倍カラー」前面に実行力示す 新たな自民党で「新しい朝」を』 2535号(平成24年12月4日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2535号が27日、発行されます。メインは、いよいよ発表された、わが党の政権公約。先日の安倍晋三総裁による発表会見には、内外のメディアが殺到し、関心の高さをうかがわせましたが、そのポイントをお伝えします。自民党は、どこかの政党とは違い、できもしない「夢物語」をさもできるかのように軽々しく約束したりしません。「できることしか書かない」――。これこそが、わが党公約の大前提です。当然のようですが、残念なことに、これが当然でなくなり、「マニフェスト」という言葉が、まるで信用できなくなってしまった。これが日本の危機の元凶と言えるでしょう。自民党公約の最大の目標は「日本を取り戻す」こと。わが党が実現に向けて邁進する「新しい国の形」をご覧ください。また、6~7面では、この公約を掲げて選挙戦に臨む、わが党の候補者を一挙掲載するほか、盛大に開催されたネットサポーターズ年次総会の模様や、幻冬舎から出版され好評の安倍総裁を論じた本の紹介(9面)など、本号も盛りだくさんの紙面になっています。


<1面>
政権公約「日本を、取り戻す。」
「安倍カラー」前面に実行力示す 新たな自民党で「新しい朝」を
<2―5面>
政権公約
<6―7面>
第46回総選挙自民党公認、推薦候補者一覧
<9面>
党候補への支援誓う 自民党ネットサポーターズ年次総会
『約束の日 安倍晋三試論』が出版され好評
<10面>
私の主張:
佐々木はじめ(党石川県第2選挙区支部長)
桜井宏(党三重県第3選挙区支部長)
<11面>
激戦に勝利する○15 岩屋毅党安全保障調査会長
<12面>
戦いが始まる。(安倍総裁ポスター)

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ