ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『衆院解散、日本を取り戻す 遅過ぎた「近いうち解散」』 2534号(平成24年11月27日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2534号が20日、発行されます。日本の命運を懸けた政治決戦がいよいよスタートしました。最大の争点は、民主党政権の3年間で大きく失われた国益や日本人としての誇りをいかに取り戻すか。「小学校時代、通知表に『野田君は正直のうえに馬鹿がつく』と書いてあった」――党首討論の場でも、こんな意味不明で、馬鹿げた発言をする野田総理からはまるで緊張感が感じられず、危機的な状況にある日本のリーダーとしての自覚も責任もないと言わざるを得ません。しかし、このような政権を誕生させてしまった原因は、わが党にもあります。実現できそうもないマニフェストを平気で掲げる政党に国民の皆様を期待させてしまった。わが党はこのことを深く反省し、新しい自民党へと生まれ変わる取り組みを続けてきました。その集大成と言えるのが来たるべき総選挙。必ず勝利し、日本再生に向けた一歩を力強く踏み出す。これこそが、わが党最大の使命と言えるでしょう。同じ考えの皆さんは是非、本紙を手に取り、共に戦っていただきたいと思います。

<1面>
衆院解散、日本を取り戻す 遅過ぎた「近いうち解散」
<2面>
特例公債法案やっと成立 わが党の主張を反映
「0増5減」緊急是正法案が成立
<3面>
わが党提言の着実な実施求める 党福島再興に関する委員会
たばこ団体もわが党に期待 党たばこ特別委員会
実態とかけ離れた政府報告 水産部会
<5面>
「中国共産党の権力構造と人民の声」(最終回) 筑波大学名誉教授・遠藤誉
メディア解析 神戸大学教授・蓑原俊洋
<6面>
私の主張:
ほりい学(党北海道第9選挙区支部長)
瀬戸隆一(党香川県第2選挙区支部長)
<7面>
激戦に勝利する○14 岩屋毅安全保障調査会長
<8面>
全国女性議員政策研究会 政権奪還へ結束誓う
発言録:安倍晋三総裁、高村正彦副総裁、石破茂幹事長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ