ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『「法案処理の遅れ厳しく批判」特例公債法案が衆議院で審議入り』 2533号(平成24年11月20日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2533号が13日、発行されます。恒例の8面のインタビューシリーズは、田中真紀子文部科学大臣による大学不認可問題をめぐる"混乱"について、下村博文衆院文部科学委員会筆頭理事に聞きました。あれだけ世間を騒がせておきながら、追いつめられて形成不利と見るや態度を豹変させ、「世間は誤解している」「(大学にとって)良い宣伝になった」などと言ってのける田中大臣。果たして「国家百年の計」と言われる教育を担当する大臣として適任でしょうか。その人間性に対し「日々言うことが違うし、うそを平気で言う」といった厳しい評価も聞かれる田中大臣ですが、任命したのは「近いうち解散」の野田佳彦総理ですから、全く不思議なことではないのかもしれません。教育再生を重要課題の一つに位置付ける、安倍自民党の考え方や取り組みをお伝えします。 <1面> 特例公債法案 衆院で審議入り 安倍総裁と石破幹事長のキャラクター・イラストを募集  <2面> 日本経済再生本部 中間報告の策定急ぐ 「尖閣」めぐる議論、説明なし 外交関係合同会議 国土強靭化 続編刊行来月6日に出版記念会 <3面> 「改正特定商取引法」で意見交換 消費者問題調査会 <5面> 「中国共産党の権力構造と人民の声」(第3回) 筑波大学名誉教授・遠藤誉 メディア解析 次世代総合研究所代表・木村英哉 <6面> 私の主張: 大西ひでお(党東京都第16選挙区支部長) 大野敬太郎(党香川県第3選挙区支部長) <7面> 激戦に勝利する⑬ 稲田朋美衆院議員 <8面> 田中文科大臣、暴走止める―3大学の不認可問題― 下村博文衆院文部科学委員会筆頭理事に聞く 発言録:安倍晋三総裁、高村正彦副総裁、石破茂幹事長
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ