ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」解散・総選挙行う以外に政治の立て直し不可能 谷垣禎一総裁に聞く 2523号(平成24年9月4日号)

機関紙「自由民主」の2523号が28日、発行されます。「近いうち」に迫っている解散・総選挙は日本の命運を懸けた重大な政治決戦であり、これに勝利することは、わが党の「使命」と言って過言ではありません。これを受けて、本号はトップで谷垣禎一総裁のインタビューを企画しました。わが党は(1)何故、解散・総選挙を求めるのか(2)どのような方針で、解散・総選挙に臨むのか――。谷垣総裁の政権奪還に向けた決意を1面から2面にかけてお伝えします。また、8面では竹島や尖閣諸島などの領土問題について、新藤義孝・党領土に関する特命委員長代理にインタビュー。民主党政権の「負の遺産」とも言える、この問題について考えます。さらに5面では新企画、西岡力・東京基督教大教授の「迷走する北朝鮮」がスタート。拉致問題の解決に取り組んでいる西岡教授が北朝鮮の現状をシリーズで解説します。

<1-2面>
自民党ならこうする:「まじめな政治」取り戻す
谷垣禎一総裁に聞く 解散・総選挙行う以外に政治の立て直し不可能
様々な意見を一つの政策に練り上げる
<3面>
衆参予算委 野田政権の弱腰外交
地元漁業者から要望聴取 水産部会
総選挙の政権公約に反映 NPO団体と政策意見交換会
<5面>
迷走する北朝鮮① 東京基督教大学教授・西岡力
メディア解析 神戸大学教授・蓑原俊洋
<6面>
私の主張:
大串まさき(党兵庫県第6選挙区支部長)
小島敏文(党広島県第6選挙区支部長)
<7面>
激戦に勝利する④ 平井たくや党ネットメディア局長
<8面>
緊急インタビュー:新藤義孝党領土に関する特命委員長代理
竹島、尖閣諸島への不法上陸 
発言録:谷垣禎一総裁、石原伸晃幹事長、野田聖子党消費者問題調査会長、小
野寺五典党外交部会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ