ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」 『自民党ならこうする:「7つの柱」政策の前提』2513号(平成24年6月19日号)発行のおしらせ

機関紙「自由民主」の2513号が12日、発行されます。1面のシリーズ「自民党ならこうする」は、来たるべき総選挙に向けて、わが党が取りまとめを急いでいる政権公約(マニフェスト)がテーマ。わが党が打ち出す様々な政策の基本となる「3つの理念」と「3つのビジョン」を取り上げました。無責任なバラマキを続ける民主党政権に終止符を打ち、次世代に豊かな日本を残すために全力をあげる、わが党のスタンスをお伝えします。また、6面では新コーナー、「ここがポイント日本国憲法改正草案」がスタート。わが党が4月に発表した日本国憲法改正草案の詳細に迫ります。わが党が目指す、日本の針路と骨格などについて、党憲法改正推進本部の起草委員会事務局長を務める、礒崎陽輔参院議員に聞きました。

<1面>
自民党ならこうする:「7つの柱」政策の前提
日本再起への政策 政務調査会で議論加速
<2面>
「社会保障制度改革基本法案」の骨子を決定 自助自立を基本に
政府案の必要性を追及 「社会保障と税の一体改革」で質疑
南海トラフ巨大地震に備え議員立法 自公PTでわが党骨子案を説明
<3面>
道路交通の安全対策に関する緊急提言 国交・文科・内閣・経産・厚労の五部会
鹿野前農水大臣、筒井前同副大臣の疑惑追及へ
拉致被害者の全員帰国まで、戦いは終わらない 全国青年部長・青年局長合同研
修会
視点:一日も早い民主党政権打倒を 脇雅史・参議院国会対策委員長
<5面>
社会保障制度改革基本法案(仮称)骨子
<6面>
ここがポイント日本国憲法改正草案① 前文・第1章天皇
<7面>
私の主張:
務台俊介(党長野県第2選挙区支部長)
井野俊郎(党群馬県第2選挙区支部長)
<8面>
社会保障基本法案の受け入れ求める 一体改革の修正協議スタート
発言録:谷垣禎一総裁、石原伸晃幹事長、野田聖子消費者問題調査会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ