ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2508号(平成24年5月15日号)発行のおしらせ

 機関紙「自由民主」の2508号が8日、発行されます。本号のメインは、わが党が取りまとめた日本国憲法の「改正草案」です。谷垣禎一総裁の記者発表を中心にポイントを解説するほか(1・2面)、5面から12面にかけては全102条を掲載し、13面ではこれを受けて全国各地で催された憲法改正に向けた推進大会などの取り組みを写真で紹介。独立国家としての日本の姿の提示に全力を挙げる、わが党の姿勢をお伝えします。続いて、16面のインタビューシリーズも、日本の将来にとって重要な少子化対策がテーマ。この問題に長年取り組み、わが党PTの座長に就任した野田聖子議員に、対策の方向性や今後の課題について聞きました。


<1面>
自民党ならこうする:日本国憲法改正草案を発表
わが党主導で憲法改正を
「日本国憲法改正草案」の概要

<2面>
復興計画の見直し、生活支援の検討 復旧・復興の検証・推進委 初会合
みのもんた氏「自民党はもっと誇りを持って」 党国土強靭化総合調査会

<3面>
デマゴーグ政策の民主党に終止符を 谷垣総裁が現状を厳しく批判 全議
員・選挙区支部長懇談会
新憲法制定へ決意 新憲法制定議員同盟
青年部・青年局全国一斉街頭行動 主権回復60周年をテーマ
児童虐待ゼロの啓発 女性局

<4面>
私の主張:
田中良生(党埼玉県第15選挙区支部長)
関芳弘(党兵庫県第3選挙区支部長)

<5―12面>
日本国憲法改正草案(現行憲法対照)

<13面>
「憲法改正草案」を訴える

<15面>
新人選挙区支部長紹介(6)

<16面>
直撃インタビュー:野田聖子党少子化対策プロジェクトチーム座長
子供・子育てに優しい社会 若者の就業支援で未婚・晩婚解消
発言録:谷垣禎一総裁、石原伸晃幹事長、保利耕輔憲法改正推進本部長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ