ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2497号(平成24年2月21日号)発行のおしらせ

 機関紙「自由民主」の2497号が14日、発行されます。本号から、近づく解散・総選挙をにらみ、紙面のリニューアルを行います。昨年来好評を戴いている「YES or NO」を2面に移し、替わって1面では新企画の「一人ひとりを強く、豊かに。自民党ならこうする」がスタート。1回目は年金改革についての、わが党の考え方や基本スタンスを解説します。また、8面では、重要施策について、わが党の責任者に聞く「直撃インタビュー」と、わが党役員の発言を紹介する「発言録」の両企画が始まります。3面にも「視点」と題したミニインタビューシリーズを企画。民主党政権の批判ではなく、わが党が目指す方向性を正しく理解していただくことにウエイトを置き、発信力を強化していく考えです。


<1面>
自民党ならこうする:年金改革
頑張る人が報われる制度を構築 現行制度を基本に機能を強化

<2面>
Q.地方公務員も給与を引き下げるべきだ。
衆院予算委で追及 野田内閣に迅速な対応求める

<3面>
視点:世界一の低炭素社会の実現を 再生可能エネルギー・省エネ関係団体連絡
協議会長・山本 拓
豪雪災害に緊急財政措置を 谷垣総裁、新潟県の被害地を視察

<5面>
金正恩の北朝鮮(3) 九州大学特任教授・小此木政夫
メディア解析 次世代総合研究所代表・木村英哉

<7面>
私の主張 左藤章(党大阪府第2選挙区支部長)
地方政治の現場から 中川忠昭(富山県連筆頭副幹事長、党活性化プロジェクトチーム座長)

<8面>
直撃インタビュー:国家公務員給与法案 平井たくや総務部会長
人事院勧告の完全実施が前提 地方公務員への要請不可欠
発言録:谷垣禎一総裁、石原伸晃幹事長、塩谷立総務会長

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ