ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

バックナンバー 機関紙誌のご案内

機関紙「自由民主」2492号(平成23年12月27日号)発行のおしらせ

 本年最終号となる機関紙「自由民主」の2492号が20日、発行されます。来年は東日本大震災からの本格的な復興に向けて、大きく踏み出す1年にしなければなりません。ところが、もはや民主党政権は機能不全の状態に陥りつつあり、来年度の予算編成と税制改正を任せることには不安の念を禁じ得ません。わが党は長年政権を担ってきた知識と経験の蓄積を生かし、対応の遅い政府をサポートしてきましたが、今回も来年度予算についての「基本的考え方」をまとめました。大震災からの復興をはじめ、経済再生、地域の活性化、外交・防衛など、7つのテーマについて、今後の方向性を示す内容です。そのポイントを谷垣総裁の記者会見とともに、1面で解説しました。また、税制改正については野田毅党税調会長のインタビューを、歴史的な円高への対策ではわが党のプロジェクトチームによる提言を、それぞれ2面と3面でお伝えします。


<1面>
「来年度予算に関するわが党の基本的考え方」発表
政権奪還で新しい国づくりを 谷垣総裁会見

<2面>
税制改正大綱を閣議決定 野田毅党税制調査会長に聞く

<3面>
円高、産業空洞化で緊急提言 高コスト構造を解消 
大都市問題検討PTが初会合 マニフェストに反映させる意向
国土強靭化総合調査会 最終答申取りまとめへ

<5面>
駒澤大学名誉教授・西修の憲法を考える(最終回) 
メディア解析 元スポーツニッポン新聞東京本社社長・牧内節男 有権者は時代の
流れを感じ 容赦なく落後者を切り捨てる

<6面>
私の主張 北川知克(党大阪府第12選挙区支部長)
地方政治の現場から 清家俊蔵(愛媛県連幹事長)

<7面>
お薦めの一冊 細田博之衆院議員 「日本よ、浮上せよ!21世紀を生き抜くための具体的戦略」
ふるさと自まん 林幹雄衆院議員 「銚子の日本一(千葉県銚子市)」
あの頃の思い出 高市早苗衆院議員 「初心忘れず」
政治川柳

<8面>
Weekly Jimin(12月12日-18日)
なまごえひろば

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ